空の上の天厨菜館。贅沢やきそばでお腹とろかす…。

午後から雨が降るという。
折りたたみの傘を持って出はしたけれど、ピタッとキレイに畳んだ傘です。よほどのことがないと開くたくないものぐささんにして、駅の近所でブラブラしました。
こういうときには百貨店はとても便利で、伊勢丹や小田急百貨店は地下鉄の駅に直結だから、少なくとも四谷三丁目に戻ってくるまで、雨に濡れることはない。
でも箱の中に閉じ込められてる感じもあって、雨の気配を感じづらい。
雨にふられるのは厄介だけど、雨を感じるの嫌いじゃなくてこういうときには高島屋は良い。地下鉄の駅まで遠いという難点はある。けれど窓が大きい造りの建物。特にレストラン街にいると空のムードが手にとるようにわかってたのしい。それでランチを「天厨菜館」。

窓際の席をもらって座るとちょっと向こうに明治神宮、代々木公園。東京の街は案外緑が多くてホッとする。
ここではいつもフカヒレあんかけご飯ばかりを食べている。前からずっと食べたくって、でもなかなか決心がつかなかった「海鮮あんかけ焼きそば「」を今日は食べてやろうと初志貫徹。
まずは蒸した点心2種類。エビ焼売と肉焼売。同じ生地で包まれて同じ形の焼売なのに、エビはぶりぶり、肉はふんわり。中に包んだ素材でまるで違った食感になるのがたのしい。エビ焼売にまとわせた白髪ねぎのキュッキュと潰れる感じもゴチソウ。

それからスープ。
白舞茸を浮身に仕上げた蒸しスープ。
上等なシャンタンの旨味、風味がおいしくてお腹がしっかり温まるのがオキニイリ。
ただ熱々で、ふうふうしながら食べてるうちにメインが到着。
海鮮あんかけ焼きそばがくる。

売りはタラバガニと鮑入りという贅沢さ。
ただ焼きそばとあれば一番気になるところが麺の状態。たっぷりのあんかけ具材の中に箸を突っ込んで、持ち上げてみるとこれが好みの大当たり。
極細の麺。蒸し麺を油でパリパリになるまで揚げ焼きにしたオキニイリ。あぁ、こんなところにボクの大好きな焼きそばあったんだ…、ってしみじみ思ってタラバの足をひっくり返した。

うーん、さすがに2000円を超えぬ値段です。身は少々痩せていただけど剥がして食べるとふっくらおいしい。鮑はやわらか、ムチュンと歯切れて鮑ならではの旨味を吐き出しとろけて消える。
他にも具材たっぷりです。エビに飾り切りしたイカ。白菜、小松菜、キャベツににんじん。しめじもたっぷり入ってて中でもキャベツが甘くてキュキュッと歯ごたえおいしい。最初は焦げたところがパリパリしていた麺も、食べすすめるに従ってあんをまとってトロンとなめらかになる。焼きそばやパスタを食べると必ず最後に麺がなくなり具材だけになる。今日もそんな終わり方。
ほどよき温度になったスープを飲んで杏仁豆腐で〆となる。硬めの豆腐にエバミルク、白蜜そしてすりおろした胡麻。案外好きなオキニイリ。

コメント

  1. らら

    食後ですのにサカキさんの描写に唾が湧いて来ました笑

    こんな美味な焼きそばが2000円しないとは驚きです。
    日本の外食はお値段関係なく、その金額内で出来得る る限りの誠実さで応えようとしている様に思います。

    シャイだけれどサービス精神旺盛な民族性がそうさせるのでしょうか。
    有り難く頂く反面、その労力に見合うのか、やる気の搾取にならないのか、サービス(奉仕)とは…と考えてしまいます。。。

    • サカキシンイチロウ

      ららさん
      申し訳ないくらいサービス精神旺盛な価格だなぁ…、って感じました。
      ランチタイムという時間が値段を決めてしまうところもあるのでしょう。
      焼きそばという料理につけることができる値段もある程度決まってしまっているのかもしれません。
      でもそろそろそういう既成概念とか、他のお店との比較で値段を決めることをやめなくちゃいけないような気がします。
      さて、ならばどのくらいの値段までならこの料理を注文できるか。
      2500円かなぁ…、って思いました。

      • らら

        他店と比較しない。
        なかなか難しいことですね。。
        私もそんな様に生きたいです。

らら へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。