海鮮丼ととり豆腐。杏みつまめ、求肥に黒蜜

朝、早く目が覚め築地に行こうとバスに乗る。
四ツ谷駅まで歩けばあとは15分ほどで築地場外の入口まで着く。途中、左手に皇居を望み、銀座の街を突っ切るルート。
東京の朝はこんなにすがすがしいんだ…、って思いながら今日はおいしい海鮮丼を食べてやろうと舌なめずり。
長生庵ってお蕎麦屋さんのせいろ付き海鮮丼がおいしくってネ…、それを狙った。
ところが築地の町のにぎやかなること、地面が見えないほとに通りに人は溢れてて目当ての店はスゴい行列。そこに限らず贔屓の店はみんな行列。平日だからとタカをくくってきたけれど、インバウンドさんに曜日は関係ないですもんね。しょうがない。
頭の中はすっかり海鮮丼モードになっちゃっていて、「三州屋」でと思ってブラブラ歩いて時間を潰す。
三州屋さんも開店同時でもうにぎやか。ただインバウンドさんがまだ発見していないのでしょう…、おなじみさんが中心で昼からのんびり飲む人たちもいらっしゃる。程よいにぎわい、いい空気。海鮮丼にとり豆腐。テキパキ料理は整ってあっという間にやってくる。

海鮮丼に赤出汁、漬物、それに追加のとり豆腐。ちり酢が一緒にやってくる。
丼の中はにぎやか。
カツオにマグロ、皮めを炙った鯛に鯵。
ホタテ、白魚、茹でたタコ。大葉の上には筋子がのっかり擦ったばかりのわさびもたっぷり。
季節柄でしょう…、赤い魚が多くて色めは鮮やか、肉感的。
切り身はみんな角がキリッとたっていて凛々しいほど。ご飯の上には刻んだ海苔に切り胡麻パラリ。風味を添える。
タナカくんはここのとり豆腐が大好きだった。
シンプルな料理なんです。透き通ったスープの中に鶏の切り身と豆腐と青物。ずっと春菊だったのに、今日のは小松菜。春菊の緑の香りがおいしかったのにちと残念。今日だけなのか…、それともずっとこうなのかしら。

鶏は皮をはいでじっくり炊かれてる。だからホロホロ。鶏らしさはすっかりなくしてしまっているけど丁寧にとられた鶏ガラスープを吸い込み、とろけるおいしさ。豆腐も芯まで味がはいってふるふるなめらか。
刻んだネギがたっぷり入ったちり酢がこれまたうまいんですネ。酸味も甘味もどっしりしてる。
カツオや青い魚をちり酢につけるとこれがおいしい。ちらしじゃなくて海鮮丼。酢飯じゃなくって白米だから脂ののった魚を重たく感じるようになるのだけれど、そんなときにちり酢につけた魚がおいしい。いい組み合わせ。
なめこでとろみのついた赤出汁、蕪と白菜の漬物もどれもおいしく満たされる。

 

関連ランキング:食堂 | 銀座一丁目駅有楽町駅銀座駅

 

満たされついでに甘いものをと「おかめ」に来てみる。
有楽町の駅前の交通会館の地下の一階。
オキニイリの甘味処で、今日もご婦人方がおしゃべりしながらお茶の時間をたのしんでらっしゃる。
洋菓子屋さんのお茶の時間と違った気軽で気さくなムードがやさしい。
そういうムードがうれしいボクもお年頃。
今日も「杏みつまめ」にする。
ここで一番のオキニイリ。干した杏を戻したものは甘味屋さんの一般的な食材のひとつ。
いろんなお店で試してみるけど、ここの杏は戻し方に酸味に香りと、どれもボクの好みの仕上がり。寒天の大きさや硬さ、黒蜜の状態もどれもがボクの好みにピッタリ。器の中に花を咲かせるように杏が5個。求肥がおしべ、めしべのように見える姿も可憐であいらしい。

干した杏はふっくら戻され、しっとりつややか。香りも酸味もさわやかでほのかに甘い。舌の上においてしばらくすると、口の中が唾液で潤い杏がとろける。頭と体がシャキッとするようなさわやかさ。
寒天はちょっとかためで磯の香りに軽い塩気がすがすがしい。小豆は硬め。コツンと奥歯を叩いて崩れる。
黒蜜を器の真ん中だけに注いで、味がまだらになるのをたのしむ。
やさしい甘みでコクがある。スプーンに注いでそのまま食べても口が甘さで疲れることがない甘さ。寒天にたっぷりまとわせスプーンですくい舌にのせるとスルンとすべてやさしく崩れる。食べるにしたがい杏の酸味が甘い黒蜜をスッキリさせる。ウットリします。オキニイリ。

 

関連ランキング:甘味処 | 有楽町駅銀座一丁目駅銀座駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。