朝のドトール、夜はシューマイポテサラ冷やし中華

ドトールコーヒーで朝をテキパキ。
朝専用のサンドイッチがリニューアルして、一度食べたけどあまり好きじゃなくって食べなくなった。
かわりにツナチェダーチーズをよく食べる。
でもたまには違ったものをとミラノサンドにすることにした。
ミラノサンドは3種類。パストラミと生ハムのがA。エビとアボカドがBでテリヤキチキンがCとなってる。昔はえびアボカドをよく食べてたけど、BもCもソースを食べてるみたいな感じがするのが今日の気分に合わなくて、Aを選んだ。ビーフパストラミが2枚に生ハム1枚。それにレタスという組み合わせ。マヨネーズがほんのちょっとだけ薄塗りされてて、素材の持ち味の組み合わせで味わう趣向がボクは好き。

お供の飲み物を今日は「アイス沖縄黒糖ラテ」。季節限定の夏商品。
アイスラテの氷の上にこんもりホイップクリームと黒糖シロップをかけまわしクルンと混ぜて飲む趣向。冷たい飲み物をストローで飲むのはあんまり好きじゃないけど、これはよくかき混ぜて飲むのが吉とかき混ぜて飲む。黒糖独特のどっしりとした甘さと香ばしさが夏のお腹にやさしい感じ。
サンドイッチはパストラミの風味や味が濃厚で、生ハムの味はほとんどしないほど。生ハム好きには生ハム2枚でパストラミ1枚がいいんじゃないかって思ったりもする。
とは言えレタスの歯ざわり、香りにみずみずしさが他の具材の肉っぽさをさっぱりさせて食べやすく、こんがり焼けたパンもおいしい。オキニイリ。

 

関連ランキング:カフェ | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

 

夜、家ごはん。まず維新号の焼売を蒸す。
肉焼売とエビ焼売。
それぞれ2個ずつのセットがあってじっくりと蒸す。
蒸し上げる途中の香りが甘くておいしく、仕上がった焼売の姿も優雅。
薄皮の中の肉餡、エビ餡が透けて見えるのがうつくしい。
食べると生地がトゥルンと舌をなでて即座に気配をなくし、むっちりとした肉やプチュンとはじけるエビの食感たのしい。黒酢と芥子で風味ととのえ味わった。
ジャガイモをニ個、一緒に蒸してマッシュしてマヨネーズと塩で練って練ってトロトロにする。そこにキュウリとハムを混ぜお皿に移してオーロラソースをかけまわし、胡椒をかけて出来上がり。体に悪い味がするけどそれがおいしい…、しょうがない(笑)。

メインに冷やし中華を作る。最近、ちょっとボクの中でのブームのトビッコクッキング。野菜もたっぷり食べましょうと、アルファルファとブロッコリスプラウトをたっぷり使う。
麺は茹でて水でしめ冷やし中華のタレであらかじめあえてそこにトビッコ散らす。
アルファルファでゃマヨネーズであえ、ブロッコろスプラウトはオリーブオイルでドレスする。千切りにしたハムを炒めて脂をぬぐいグルングルンと混ぜて味わう。麺を食べるとプチプチ魚卵がはぜてたのしく、スプラウトがシャキシャキ歯切れ緑の香りで口が潤う。オゴチソウです、満ちました。

コメント

  1. ヨウコ

    冷やし中華のトッピングがユニークですね^_^
    とびっこにアルファルファ、ブロッコリースプラウトですか!
    定番メニューも自由な発想で幅が広がりますね。
    ポテトサラダの盛り付けが綺麗でデザートみたいに見えました。
    お皿との相性が素敵てす。

    • サカキシンイチロウ

      ヨウコさん
      新しい料理を創作するよりも、いつもの料理をちょっとだけ一捻り。間違いも少ないですし、ひねり方を間違えなければ必ずおいしい料理ができる。
      毎日のご飯をたのしく味わうためにいい工夫じゃないか…、と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。