地域一番店を作った人の話ノ4

外食産業のノウハウはアメリカからやって来ました。
資本力のある会社が外食産業の黎明期に買ったノウハウのほとんどはアメリカ製。
バックキッチンと呼ばれる、仕込み場とメイン厨房を分けて配置する短時間に大量に製造するのに適したシステム。
生まれたのは潜水艦の中だと言われているほどに、それは合理的で効率のよいものでした。
ただ、いろいろと不都合が置きます。
特に厨房設備において、ほとんどのものがアメリカスペックだから日本人の体格に合わないものを使っていたことがあるほどで、日本の人が快適に仕事ができるようになるのは日本製の厨房機材がふんだんに供給されるようになってから。
それ以上に日本の外食産業を悩ませたのは、日本人のおいしさの基準に合わせた料理を作るのに、もしかしたらアメリカ的な厨房は適していないのじゃないか…、という疑問。
日本人の美味しさに対する要求は世界的にも特殊で高い。
例えばこんな具合にです。

↓ 下のバナーをクリックすると「note」のリンクが開きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。