京都の焼きそば。成功したインディーズ系コーヒー…

焼きそばが小さなブームになってるようで先日も銀座にできた「両面やきそば」のお店に行った。
熟成麺とか両面焼きとかひと言差別化フレーズがつかないと差別化できないのが焼きそばという大衆料理のむつかしいとこ。
なんと「京都焼きそば」を売り物にしたお店ができた。
「京都」というフレーズはかなりの破壊力をもったひと言。場所は赤坂。お店の名前も「焼きそば専門天」であります。専門店。
アカサカサカスに近い雑居ビルの一階で、白い提灯が表にぶら下がっているものの入り口はちょっと奥まって間口は小さい。入り口脇に券売機があって細麺、太麺、ソース味に塩味の組み合わせで注文をする。細麺のソース味を選んでたのむ。カウンターの中の鉄板でジャーっと焼ける音がして間も無く料理はやってくる。

たしかに麺は細いです。
博多のとんこつラーメンのような姿で、ソースをまとってつややかにして色っぽい。
蒸して一晩寝かせて焼いているんだそうで、細いくせしてこれがなかなかたくましい。
ほどよく固く歯切れ、歯ごたえが抜群で、バッサリ口の中にちらかる。
散らかってもなお麺の一本いっぽんの形を口が認識するほど存在感があるのがスゴい。こういう麺が大好物で、麺だけもらって自分の味に仕上げたくなる。オキニイリ。
上にたっぷりのっけた九条ネギもバリバリザクザク歯ごたえがよく、ソースの味をスッキリさせる。まるほど京都…、って感じがしてくる。悪くない。

具材はキャベツと豚バラ肉。どちらも結構たっぷりで、麺と同量くらいはあるんじゃないのかなぁ…、これ一品で十分お腹が落ち着く感じがありがたい。
ソースはたっぷり。だからかなりの濃い味で、しかもおそらく牛脂を使って焼いてるのでしょう。甘くて最後に脂がキトッと舌に残って主張する。太麺の方は生卵をくぐらせるすき焼きみたいな食べ方を推奨していて、なるほどそれでちょうどいい塩梅になるのかもなあ…、って思うほどに力強い。
悪くない店なんだけど、人気の店というにはいささかお客さまの入りが心もとない。赤坂ってむつかしい街なんでしょうね…、今となっては昼だけ市場。外からどんどん人が集まる街でもなくてこの界隈に働く人の使い勝手に合わなきゃいけない。しかも飲食店の数はばかみたいに多くてもしも、新宿だとか渋谷だとかにあったら違った結果になったかもしれない…、って思ったりする。勿体無い。

 

関連ランキング:焼きそば | 赤坂駅溜池山王駅赤坂見附駅

 

場所を選ばずいろんな場所や街で成功できる業態。
今ならコーヒー専門店…、とくにエスプレッソ系のお店はそういう業態で増えている。
中でも最も成功したブランドのひとつが「ストリーマーコーヒーカンパニー」じゃないかと思う。
渋谷の町外れで生まれてたちまちいろんなところにお店を作った。店の作りはシンプルで、メニューもシンプル。バエを狙ったスイーツ系にも目もくれずひたすらおいしいエスプレッソやラテ、カプチーノを売り続けてる。
だから厨房もシンプルでひとりで十分営業できる。利益も出やすい仕組みだろうし、身の程知って得意なことだけで戦えるってすごいことだなぁ…、ってくるたび思う。
焼きそば屋さんの隣にできてたお店で今日はマキーアト。ほろ苦くって不思議に甘いエスプレッソとぽってりとしたミルクの泡はやはり絶品。オキニイリにてお勉強。

 

関連ランキング:カフェ | 赤坂駅溜池山王駅赤坂見附駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。