丸の内で大阪的なる食い倒れ…、きじにインデアン

お好み焼きの「きじ」。
大阪の本店で修業した若い人が片道切符でやってきて、東京駅前野ビルの地下に開業したのが2005年のことだから、もう16年。その間、ずっと人が変わらず一生懸命。大阪の店の東京支店というよりも「東京のきじ」というのが相応しいお店になった。応援したくなるお店。
しばらく休業していたけれど昨日から営業再開。やってこなくちゃとやってくる。
勇んできたら開店とほぼ同時という時間でお店を独り占め。
食べたいものはもう決まってて、今日はイカ玉。それにネギをトッピングしてもらうことにする。時間をかけてじっくり焼いて、大きなヘラのような器に乗っけて運び、テーブルに埋め込まれた鉄板の上におまたせしましたと滑らせておく。

ネギの青さが鮮やかで、そこにたっぷり鰹節の粉、青のりちらして切り分ける。
コテを押し引きするのでなくカンカンカッカッと叩きつけるように切り分けると、短冊状のイカの胴体、ゲソがゴロゴロ転がり出す。どんなに叩いてもビクともしない分厚い鉄板。それでおいしく焼けるのでしょう。
縁はサクサク、乾いた歯触り。卵を乗せて焼いた中心に行くに従いふっくらしてきてみずみずしい。生地が含んだ出汁のうま味に、大葉の香りとネギの食感。ネギなしで食べるとソースの甘みが途中でくどくなりお水をたくさん飲んじゃうんだけど、今日はハフハフ、休まずおいしく味わった。

 

関連ランキング:お好み焼き | 東京駅二重橋前駅有楽町駅

 

10日くらい前のコト。無性にインデアンのカレーが食べたくなってしょうがなく、けれど営業自粛の休業中で我慢していた。
甘くて辛い不思議なカレー。それを真似したチェーンがいくつかあるけれど、インデアンのじゃなくちゃ気持ちはおさまらず、我慢の仇を取るためお好み焼きの「きじ」の〆にインデアン。
大阪食い倒れの旅を疑似体験する東京の昼。
カレーライスをご飯半分、ルー大盛りで注文します。カウンターの中に置かれたご飯のジャーとカレーのポット。ご飯を装い「これでよろしゅうございますか」と確認してからカレーを流す。レードルを舞うような仕草でためらいなく傾け、見事にキレイにご飯を覆う。その一瞬もオゴチソウ。

来るたび、いろんな印象を感じる不思議な食べ物で、今日はほうじ茶みたいな匂いがした。アミノ酸と糖が高温で結合することで生まれる香り。甘いカレーならではの匂いなのか…、と思ったりする。
食べると甘い。ところが次の瞬間辛い。韓国料理なんかも甘くて辛い料理だけれど、甘さが引いてから辛さがやってくるという「置き換わる」味。ところがインデアンのカレーは甘いと思っていたら辛くて辛いと思うと甘くもある「重なり合う」味でとても独特。
ポッテリとしたなめらかな食べ心地も独特で、ご飯の粒が大きく錯覚するほどにご飯にからみついてとろける感じがステキ。酸っぱいキャベツの酢漬けで舌をリセットさせつつひとくち、そしてまたひとくち。最後の一口分を、とろけるほどに煮込まれた牛肉と一緒にスプーンにのっけてクチャっと食べる。スプーンがお皿に描いた模様もゴチソウサマって言っている。

 

関連ランキング:カレーライス | 二重橋前駅東京駅有楽町駅

コメント

  1. Kei

    新梅田食道街、どうなっているんでしょう。。。元気でやってくれているといいのですが。

    • サカキシンイチロウ

      Keiさん
      串カツ屋さんの閉店騒ぎも記憶に新たですよね。
      梅田というオシャレな街にあって、ワクワクとほのぼのが入り混じったステキなエリア。再開発でへんてこりんなことにならなきゃいいが…、って心配します。

  2. RYO

    横から失礼します。
    4月に仕事で訪阪した際に、新梅田食道街を覗いてきました。「きじ」さんには伺いませんでしたが、コーヒーの「YC」さん、鴨なべの「新喜楽」さんは元気に営業されていて、ひと安心。居合せたお客様が元気過ぎて、かえって心配してしまうくらいでした。
    あの独特の雰囲気、残ってほしいですね。

    • サカキシンイチロウ

      RYOさん
      YCさんのたまごサラダが食べたいなぁ…。新梅田食道街が元気なうちは梅田の街も大丈夫って思いますよね。
      うれしくなるご報告。感謝します。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。