23日。プリンとチョンボとオムライス

お腹の中のタナカくんをよろこばせようとリジーグに寄る。
伊勢丹のメンズ館の最上階にあるカフェでもあって、レストランでもあり夜にはバーのようにもなる店。
ボクにとってはプリン屋さん。
ただメニューにプリンという名前の料理はなくてそれは「カラメルカスタード」。確かに焼いたカスタードにカラメルがたっぷりかかって、メロンにバナナにブルーベリー。たっぷりのホイップクリームにスライスアーモンドに瓶詰めチェリー。オレはただのプリンじゃないぞ…、って主張を感じる。
バナナとメロンを食べるとプリンは丸裸。むっちり硬めでバニラの香りが麗しくホイップクリームと一緒にとろける。おいしいネ…ってニッコリします。ガンモの好物のコーヒーを飲んで哀しくなっちゃう半平太くんみたいに、プリンを食べると泣いちゃうね。好きだったからしょうがない。

関連ランキング:カフェ | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

 

チョンボとタコラの遊び場をクリスマスモードに徐々に模様替え。しろくまくんのココア屋台。屋台の下の数字を毎日変えられるのがステキで買った。本当はクリスマスまであと何日かを表示するんだけど、今日だけ23日の2と3を吊り下げた。月命日だから特別に…。
お供え物にマカロンかった。サダハルアオキのピスタチオ、イチゴにシトロン。ザクッと壊れて口の中でシュワッととろける儚い感じが好きで、よく食べてたね。なつかしい。
それからタナカくんにご報告。一人暮らしになっちゃったから部屋のエアコンをつけるのがもったいなくってダイソンのHot&Coolを買った。買おうかどうしようか二人で迷って、結局先送りにしたこれが使ってみれば驚くほどに優秀で、早く買っときゃよかったなぁ…、って思ったりした。あったかい。

タナカくんが好きだった料理を思い出しだし作ってみた。
まずは「からさめ」。
お湯でもどして水気をとった春雨にすりおろしたからすみをまとわせただけのシンプル料理。
簡単だけどこれがおいしい。
お酒がいくらでもすすむんだよね…、って作るとすごく喜んだ。

それから牛すじ肉を煮た。
肉屋さんと仲良くなると安く分けてくれるんだ…、って伊勢丹なんかでよく買って帰って煮込んでた。今日のも伊勢丹の精肉部で分けてもらったすじ肉で、醤油と日本酒、水だけ使って炊いたもの。生姜とネギの芯で香りを整えて、時間と根気がおいしくさせる。
たっぷり作って残りは冷凍。あれやこれやと工夫をしながら食べていきます。よく出来た。

メインはタナカくんの好物ばかりを集めたタナカプレート。
ずっと上手に出来ずに悩んでたオムライスをなんとか形にしてみようと、卵を焼くのにほんのちょっとだけ水を注いでふっくら仕上げる。フライパンの中でくるむのは難しいからケチャップライスをお皿に置いて卵をかぶせてナイフを使って卵焼きの縁をケチャップライスの下に突っ込む。形は出来た!
トマトピュレをたっぷりのっけてなかなか上出来。
玉ねぎ、ピーマン、ハムが具材で、それらを千切りにしたのを使っていつものようにナポリタン。茹でて冷やして〆たのを炒めて歯ごたえおいしく仕上げる。千切りキャベツをオリーブオイルと塩で揉み、黒胡椒とオレガノで風味をつけたコールスローをたっぷり添えて夜のお腹を整えた。

コメント

  1. Leocco

    23という数字が、サイクルを作る。
    悲しく切ないけれど、なんだか生きていく節目のようですね。

    昨日は私もお弁当を作りました。
    榊さんの、作りたてのお弁当が美味しそうで(笑)。
    私のも、美味しかったですよ〜〜。
    ちょっと色が悪かったけれども・・・

    タナカプレート美味しそうです。
    今度私もオムライス挑戦します。

    クリスマス仕様のチョンボ、なんだか楽しそう。
    お腹の中の田中氏も喜んでいるのではないでしょうか。

    • サカキシンイチロウ

      Leoccoさん
      もっと生きたかった人のことを思い浮かべながら、生きていることの切なさとシアワセを感じる毎日。
      さみしく感じることに感謝することで、毎日を過ごしています。
      オムライス。思いの外よく出来たけどやっぱりタナカくんが作るオムライスがおいしかった。

  2. ヨウコ

    お気に入りの場所に連れて行ってもらって、大好物のお料理たちを作ってもらって、お腹の中のタナカさんも喜んでますよ、きっと。
    お供え物のクリスマス仕様が可愛い。
    伊勢丹メンズ館に、こんなお店があったんですね。
    「カラメルカスタード」という名前に確かにこだわりを感じます^_^

    • サカキシンイチロウ

      ヨウコさん
      このお店のあるフロアがとてもかつての伊勢丹らしいんです。
      ライカに万年筆。上等な手帳。
      必要ではないけれどあると心を贅沢に甘やかしてくれるようなものばかり。フロア全体がプリンみたいな存在です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。