鰻の蒲焼に肝焼きにネギ。渋谷松川の鰻肝焼き丼

思い立って永福町に行ってみた。
10年近く住んだ街。そしてやってきたのは30年ぶり。駅舎は立派になったものの駅前の大勝軒の行列はあいも変わらず。妹がバイトをしていたロイヤルホストも当時のままで、けれど住んでた家は跡形もなくマンションビルに建て変わってた。
一人暮らしをしたくてしたくてしょうがなくって、だから永福町の家にまつわるいろんな記憶がほとんど残ってないことにちょっとびっくり。井の頭線で渋谷に向かう途中の景色や電車の音はなつかしく、若かったなぁってしょっぱい気持ちになっちゃった。

渋谷で昼食。鰻にしようと「松川」にした。若い人たちの街、渋谷にも大人のお店がいくつかあって例えば蕎麦の福田屋だったりとんかつのかつ吉だったり。そして鰻のこのお店。そういえば天ぷらの老舗がこの街には見当たらないのがオモシロイ。

鰻の松川が好きなのは「鰻肝焼き丼」があるからで、肝焼きがあるときだけの限定商品。鰻の内臓をたっぷり使って作るので、鰻何尾分もの肝を必要とするからなんでしょう。いつもあるかどうかおそるおそるたのむ。
今日も聞いてみたらあるというのでニッコリします。
しっかり時間をかけて丁寧に作る料理です。だからお茶をお供にのんびりと待つ。このお茶がぬるめに点てたお煎茶で、甘くてうまくてとてもなめらか。そして料理が到着します。蓋付きの陶器の丼に蓋付きの椀。漬物の入った器が並んでて、どれもが威張ってみえないところがボクは好き。

丼は太った鰻のお腹の部分としっぽの半分。
キレイに焼けて香りもおいしい。
鰻の下に隠れているのが、大量のネギ。ネギの下には焼いた肝。
ボリュームたっぷり。しかも写真を撮る場所でまるで違った料理のように感じてたのしい。
分量だけじゃなくて、食感、味わいが多彩でにぎやか。
鰻の蒲焼きはねっとりしてる。浅蒸しだからふわふわでやわらかというわけじゃなく、歯ごたえ確かで噛んでるうちにご飯と一緒になってとろけるという感じ。
一方肝焼きは歯ごたえ、歯ざわりがとてもたのしい。ザクザクもありゴリゴリもあり、むっちりもありと食べるところでまるで違った素材を食べてるように感じる。肝独特の渋みや苦味もオゴチソウ。

蒲焼きも肝焼きもどちらもしっかり脂がのってて、それを刻んだたっぷりのネギがシャキシャキ、すっきりさせる。みずみしくて香りも鮮やか。鰻の風味をひきたてる。
タレは甘みが控えめで醤油の風味がキリッと際立つ味わいで、ご飯は硬めとボクの好み。山椒をパラッとたっぷり施し後口さわやかにする。
そう言えば鰻屋を経営していたこともある父は山椒をかけなきゃいけない鰻は本物じゃない…、なんて人前では粋がっていたけど身内で鰻を食べるときには内緒で使って、鰻と山椒の相性はやっぱりいいなって悦にいってた(笑)。十代目金原亭馬生の「そば清」みたいでちと笑う。
キュウリとキャベツがみずみずしいサイドの浅漬、立派な肝の入った肝吸い。食事を終えた〆のほうじ茶は熱々で堪能しました、オゴチソウ。

 

関連ランキング:うなぎ | 渋谷駅神泉駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。