Teishoku 美松で定食の昼

池袋で昼。…、となると定食美松か美松はなれが候補に挙がる。
どちらもご飯がおいしいお店。定食美松は名前の通りご飯とおかず、汁でお腹を満たす定食スタイルの店。はなれはおむすびがメインでおかずを選んで手軽に食べる。
最近、はなれのおむすびがオキニイリでずっとはなれを使ってた。
今日はひさしぶりに定食屋にした。昔はココにもおむすびがあって、定食のご飯をおむすびに変えてもらうことができた。今ではおむすびははなれ限定。しかも夜の営業をやめてしまってお昼だけ。夜ははなれへっていうことらしい。
はなれの方はテイクアウトコーナーがあり、集客しやすいってこともあってのことなんでしょう。老舗も時代にあわせてちょっとづつ進化しなくちゃいけないんだなぁ…、って思ったりする。

定食屋にしては値段は高め。
でもその内容は十分納得できるものだから、「他に比べて高い」だけ。
値打ちをわかってくれる人に来てもらえればいいんだという、無理せぬ営業姿勢が気持ちいい。

ささみと野菜のフライ定食を雑穀米のハーフサイズで作ってもらう。
明るい揚げ色に仕上がった薄衣。
ささみが一本半にピーマン、かぼちゃにじゃがいもとささみと野菜の量がほとんど半分づつ。衣サクサク、油をほとんど感じぬほどに軽やかでこんなにやさしいフライは他に無いんじゃないかって食べつつニッコリ。
ささみがふっくら仕上がって、野菜味したソースと一緒に口の中でとろけてくのがオゴチソウ。千切りキャベツもたっぷりで揚げ物食べてるって罪悪感をほとんど感じずハフハフパクパク。

味噌汁、漬物、小鉢がついてひと揃え。
ここの味噌汁はいつも具材たっぷりで野菜の料理のような仕上がり。
大根はクチュっとちょっと硬めの仕上がりで、香りの強いにんじんにネギに玉ねぎ、それからわかめ。
出汁はどっしり、風味豊かな味噌もほどよくゆっくり味わいお腹の底からあったまる。
小鉢は高野豆腐と厚揚げを出汁でふっくら炊いたもの。
高野豆腐は大好物で、特に出汁がおいしいお店のそれは本当においしい。舌の上にのっけてじんわり染み出す出汁をまず味わって、舌を上顎に押し付けながら出汁がじゅわっとほとばしり出る様子をたのしむ。
舌に残った高野豆腐は乾いてスパスパ。スポンジみたいな食感が好き。
大根、キュウリ、にんじん、大根の葉っぱの茎を刻んだ漬物。今日は特別酸っぱくて、梅雨時にぼんやりとした体や食欲をキリッとさせる。オキニイリ。

定食の他に追加で一品料理を2つ。いつもたのむのが卵焼き。
好みの味で作ってくれて、いつも選ぶのは「甘辛味」。砂糖と醤油と塩で味が整っていて、砂糖のせいでしょう…、かなりこんがり焦げて仕上がる。形をきれいに作ろうとせず、手早くぱっぱと仕上げるところが家の料理のようで好き。
塩味だとか醤油味、みりんで甘くとかって注文があり、何が一番多いの?って聞くと断然甘辛味。特に男の人は甘い卵焼きが好きだからって。ボクの隣のおじさんも甘辛味を食べていた。ひとかけご飯の上にのっけてパクっと食べると、体の中に元気みなぎるゴチソウ味の出来上がり。
もう一種類はしらすおろしで、この大根おろしのおいしいコト。甘くてしっとりみずみずしくて汁までゴクゴク飲んで体を潤した。

 

関連ランキング:定食・食堂 | 池袋駅要町駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。