Sushi NOVA etc.

Sushi NOVA etc.

業界視察をたまにはせねば…、とそれで青山。かっぱ寿司が作った回らぬ寿司屋「鮨ノ場」を覗いてみることにした。

o snova

「Sushi NOVA」と書いて、スシノバ。英語にすればNew Sushiってことになるんでしょう。かなり微妙なネーミングセンスに笑っちゃう。
鮨って名前に惹かれて、中を覗いたおじぃちゃまが、こりゃ、違うって感じに首を捻ってグルッと引き返す様。
中に入ると2段重ねのレーンが壁のごとくお店の真ん中にそそり立ち、そこを囲んで食事をするさま、あたかもブロイラーとか牛のごとくで、まさに「餌の場」。

o snova menu

最近、回るのが売り物だった寿司屋さんたちが、次々、回らぬ寿司屋を作る。
回転寿司にいったところで、どこもがほとんど鮨を回さずお客様の注文に合わせて料理を作ってる。もう回転寿司というフォーマットは、魅力的ではなくなってきたというコトなのか。
あるいは、ロスのことを考えれば回さぬ鮨は「環境と経営」の両方にやさしい仕組みなのかもしれない。
タッチパネルで注文をして、厨房の中からシュシュっと運ばれる。面白いメニューがたくさん揃っているのに、ランチタイムだからなのか、準備中の料理が多くてわらっちゃう。

o snova susi

鮨は決して粗末じゃないです。
シャリが大きく、すぐにお腹いっぱいになっちゃいそうなところがいささか回転寿司っぽくはあるけれど、ネタはしっかりしておりました。
回転寿司の鮨ではなくて、田舎の大衆寿司屋の鮨。決して悪くはないなと思う。三貫、五貫とひとり客をターゲットにした商品もしっかり揃って、使い勝手はいいかもしれない。
ただ、都市型ということもあり小さいお店で、これで家賃が払えるんだろうか?コンセプトから考えて、街中型に特化した店になりそうで、なら何軒つくれるのかなぁ…、ってひっきりなしにヒューンヒューンと鈍い音立て通り過ぎてく鮨を見ながら、思案した。

 

関連ランキング:回転寿司 | 表参道駅渋谷駅明治神宮前駅

それにしてもこの店が入っているオーバルビルの飲食店。しばらく見ぬうちに劇的に変わっていました。ビックリします。

o oval

まずマクドナルドのコンセプトストアがあったのだけど、それが半分以下のスペースになり、跡地にやよい軒がやってきていた。
こちらもまるでコンセプトショップのような未来的なる姿をしていて、全テーブルにタブレット。それで注文をして料理を待つというスタイルで、お店のロゴも凛々しくYAYOIとローマ字表記。
サブタイトルに「Discover True Taste of JAPAN」とあって、まさかやよい軒の料理が本物の日本の味と思っているわけないよなぁ…、本物じゃないから一生懸命、見つけようとしている最中なんだよなってふと思う(笑)。
うどん屋さんには相変わらずの行列で、いつから日本の人ってこんなにうどんラバーになったのかしら。不思議に思って口直し。

o island

先ほどの鮨ノ場の隣にあるアイランドコーヒーにてアサイー食べる。
健康的を狙ってみようと食べるもこれが案外たっぷり。はちみつ、グラノラ、アサイー、フルーツ。これってどれだけ栄養があるんだろうかって思うとちょっと怖くなる。
それにしてもこのアサイーが860円。
さっき食べた鮨が全部で1300円。飲食店のねだんづけって不思議で本当にオモシロイ。

それから移動で表参道を歩いていたら、回転寿司の平禄寿司のお店の前に行列発見。

o heiroku

ちょっと近づき耳をすますと、イタリア語に中国語、韓国語とほぼ外国人。
お店の中を覗いても、ほぼ外国人というにぎやかさ。
目立つ場所にある回転寿司は、今やこういうお店になった。さっきの鮨ノ場みたいな店を、果たして彼らが選ぶんだろうか…、ってかなり気になる。Sushi NOVAっていう店名も多分、彼らをちょっと狙ったところもあったに違いない。どうなんだろう…、どうでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。