Soup with Noodles & Takoballs

新大阪駅経由の移動で、腹ごしらえをと神座にくる。
東京駅のショッピングセンター化も激しいけれど、新大阪の駅はすっかり食い倒れ。
串カツ、たこ焼き、きつねうどんにオムライスと大阪といえばイメージできる料理はほとんど揃ってる。
在来線の改札入った内側に居並ぶ飲食店をぐるぐる全部見て回る。テナントの入れ替えも結構激しいように見え、流行ってる店、暇な店と優劣はっきりしてしまうのが飲食店の厳しいところ。
魅力のない店は待っても食べたい店にお客様を持って行かれる。一番人気は神座でした。
食券買って席につく。相変わらず店はピカピカ。汚れが目立つステンレス張りの壁や仕切りは眩しいほどで、白いユニフォームもパリッとしてる。

煮玉子にネギトッピングのラーメンたのみ、ミニチャーシューを追加した。
器の中は見事にネギ色。
箸をつっこみ上下をグルンとひっくり返すと中から麺。
細めで縮れてハリのあるバッサリとした歯切れが独特。パスタのように感じたりもする。
麺以上にスープが独特。
「フレンチ風のスープ」と幟がたってたようにたしかにビーフコンソメみたいな味わいがある。白菜たっぷり。炒め油と豚肉由来の脂の香りがラーメンスープっぽくしているけれど、ラーメンばなれした風味。
チャーシューも脂っぽさを極力排してさっぱりとした味わい、食感バッサリしてる。
最初食べたときは甘くてへんてこりんなスープに、パットしないチャーシューのラーメン…、って思った。

ただ…。旨いんだなぁ…、ラーメンとしてはたよりなく食べ手をちょっと突き放したようなスープがしみじみ旨いと思う。
旨味はしっかりしているし、雑味を感じぬスッキリとした後味でずっとゴクゴク、飲んでいたくなる。用意されてる辛いニラをまぜると甘みにくっきりとした輪郭がつき、ニラの香りがアジアっぽさをかもしだす。
看板に「SOUP with Noodles」と書いてるのが絶妙で、スープをたのしむために麺が存在している。その独特がオキニイリ。
ちなみに商品写真には半分に切られて写る煮玉子が、丸ごとゴロンとやってくる。省力化でしょう…、悪くない。

 

関連ランキング:ラーメン | 新大阪駅東淀川駅崇禅寺駅

 

ホテルに帰る前にお夜食。くくるのたこ焼き。
たこ焼き8個をイートイン。カウンターにすわると目の前で若いおにぃちゃんが見事な手際で作ってる。
サラサラの液体がみるみるうちに眼の前でボール状になってこんがり仕上がっていく。
誰がこんな料理を創作したんだろう。
偶然が作り出したものなのか…、それとも創作に対する情熱が作り出したものなのか。それにしても手際がいいなとウットリしながら、ぼんやりしてたらやがて完成。出来上がり。
タコさんが睨みをきかす独特な形の器にたこ焼き8つ。上にたっぷり青のり、それから鰹節。フワッフワでトロットロ。クニュっと大きなタコが歯切れてお腹を熱くしてくれる。明日は再び移動です。

 

関連ランキング:たこ焼き | 新大阪駅東淀川駅西中島南方駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。