羽田空港、HITOSHINAYA

羽田から早朝スタートの出張の今日。ひさしぶりの「ヒトシナヤ」。
できたときには感心しました。
こんなに潔く、こんなにすがすがしく、そしてこんなに良くできたコンセプトの店ってそうそうないよな…、ってみんなに吹聴したりしたほどでした。
それからずっとよく言えば開業当初の良さをずっと維持してる。ただ悪く言えば変わり映えせず、メニューまでも変わらず何年もやり続けている。飛行場という普通の人なら頻繁に来ることがないであろう場所の商売。だからこまめに変わることは必要ないと思えば悪くないんでしょうネ。ありがたいのはスゴく朝早くからやってくれているところ。
しかもずっとココで変わらず働いてる人がいて、もしかしたらここに住んでるんじゃないかしらって思っちゃうほど。

最初に出汁がふるまわれる。その出汁をずっとあたため入れているお鍋の蓋を開けるたびおいしい出汁の香りが漂うところもステキ。このスタイル…、最近、いろんなお店が真似するようになったみたいで、つまりサキガケ。かっこいい。
朝の時間はお粥のお膳か鮭のお膳かの二択になる。お粥はついてくる銀あんがおいしく、けれどおかずが貧弱で、鮭膳のご飯をお粥に変えてくれるサービスがあったらどれほどいいだろう…、っていつも思って鮭膳にする。
焼き鮭に厚焼き玉子。サラダにおかずが何種類か。漬物に汁、そしてご飯でひと揃え。
この構成は日本の料理の基本の基本で、食べる前からホッとする。

鮭膳という名前の通りメインは鮭です。
いつもは鮭を見込み調理で焼き続けてる。
だからそれほど待たずに提供されるのだけど、今日は焼きおきの鮭がなかったのでしょう。
注文してから焼き始め。
だからかなり時間がかかった。
けれどさすがにじっくり時間をかけて焼いた焼き立てです。皮はバリッと焼けている。
焼けているというより自分の脂で揚がったように仕上がっていて、バリバリ、サクサク。ほとんど分厚い魚の皮は残すんだけど、今日はこれなら食べられる。噛むとジュワっと脂が染み出し、ご飯をねだるおゴチソウ。

厚焼き玉子はちょっと甘め。ムチュンと歯切れるなめらかさ。鮭の上には酢蓮が一枚。大根おろしは醤油をくわえて味を整えたものととても丁寧。日本料理はこうして姿を整えるもの…、って教科書的なところがステキ。
鮭の手前にはおひたしと豆腐が置かれる。おひたしには削ったばかりの鰹節。豆腐の上にはポン酢のジュレと普通の料理もちょっとひねって上等にする。葉っぱ野菜の上に薄切り紅芯大根。ちりめんじゃこで食感整う。ドレッシングはポン酢味。きゅうりにごぼう、大根の三点盛りの漬物も状態がよくてご飯がすすむ。
鮭をむしってご飯の上に置いてパクリと味わい食べる。汁をゴクリでお腹が満ちる。そろそろ出発準備です。

 

関連ランキング:レストラン(その他) | 羽田空港第1ビル駅羽田空港国内線ターミナル駅羽田空港第2ビル駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。