Good Morning Rainy Day

雨の朝です。おかげでちょっと気温は下がった。けれど湿度が高くって、ちょっと動くと汗が出る。
しかも週末、金曜日。今日1日をがんばらなくちゃと、ひさしぶりにグッドモーニングカフェにやってくる。
天気が良ければ歩いてくとこ。バスにのって2つ目の停留所でおりほぼ目の前に朝からステキなお店がある…、ってステキに感謝。
そういえば、この前ここに来た時も小雨の朝のような気がする。
湿った気持ちを晴れ晴れと明るくさせる魅力があるってステキでしみじみありがたい。新たにできたマンションビルの一階にあり、そのマンションはいまだにほとんど空室という。駅から近いのに駅の裏側。目立たない場所。ただすぐそばにはオリンピックのメインスタジアムがあってこれからどんなふうに変わっていくのか、ドキドキワクワクしてしまう。

今朝は静かな店でした。お店の人の笑顔は明るく、大きな窓から外を見ると濡れた緑が色濃く鮮やか。湿ったタイヤの音もなにやらやさしく聞こえ、雨もいいな…、ってニッコリできる。
1100円のモーニングプレイトをたのみます。
卵料理とグリルドミートが選べてそれぞれ目玉焼きとベーコンをもらう。目玉焼きはオーバーミディアム、ベーコンはカリカリに焼いてください…、ってお願いしたら厨房の中でしっかり伝えてシェフと確認取り合う姿が見える。ボクの注文が大切に扱われているって感じがうれしい。サラダにパンが2種類、野菜スープにコーヒーがつきひと揃え。朝をたのしくむかえるに必要十分。ありがたい。

空気をたっぷり含んで仕上がる食パンに、バターをたっぷり塗って焼いたトースト。
丸いブリオッシュのトーストとどちらもこんがりよく焼かれていて、焦げた香りが食欲さそう。
目玉焼きは白身がキチッと固まって黄身は半熟。
覆った白身が裂けるととろけて出てくる。
けれど熱々のお皿に触れてゆっくりかたまり、まるでソースのようにふるまう見事な仕上がり。
パンで拭って味わうと、この上もないオゴチソウ。よく焼きベーコンは持ち上げると立つ!自分の脂で揚がったように仕上がって焼けた脂の香りがおいしい。ゴリっと前歯にあたって崩れ、口の中に散らかっていく感じがなんとオキニイリ。

ちなみにこれをお店の人がもってきたとき、「この焼き加減でいかがでしょうか」とひと声かける。大切にされたボクの注文が、大切に作られ提供されたボクも大切にしてもらえるという、本来、当たり前のことなんだけど最近の日本じゃ身にしみるほどありがたい。
ひと言、ひと手間を節約しなけりゃいいだけなのに、節約上手が経営上手なんて言われる風潮に、しみじみ切なく思います。
カリカリのベーコンを甘いブリオッシュトーストで挟んでパクリ。甘くてしょっぱく、旨味も十分、香りもおいしい。さて金曜日をたのしみましょうと席をたつ。

 

関連ランキング:カフェ | 国立競技場駅千駄ケ谷駅信濃町駅

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。