GODZILLA・星を喰う者

映画を観ます。「GODZILLA -星を喰う者 -」という作品。

GODZILLAをテーマにしたアニメ三部作の完結編。
つまり三作目。
前編後編ものであるとか三部作であるとかは、あとに行くにしたがって集客が落ちるものと言われてる。
劇場で前の作品をみていないと観ても仕方がないからと徐々に客数が少なくなるのは当然で、けれど今日の劇場満席。
Netflixとの連携をとったというのがよかったのでしょう…、劇場で見逃してもストリーミングサービスを利用すればいつでも観ることができるのだから三作目だからというハンディキャップはそれほどはない。

巨大な怪獣、ゴジラによって地球から駆逐された人類が、地球を我が手に取り戻そうと地球に戻りゴジラと再会するのが一作目。
異星人のテクノロジーを使ってゴジラを一旦封じ込め、安堵するも次なる敵がやってきそうな予感で終わった二作目。そしてこの作品では、新たな敵とゴジラがまみえ、地球を誰のものとするかを決着させる。

はじまったものはすべからく終わるものである。
終わることが宿命付けられているのであれば、終わり方を自ら選び価値ある終わり方をするのが「良く生きた」ということではないか…、という、重たく厳かな問いかけがテーマの映画で、いろんなことを考えさせられた。

映画自体はつっこみどころが満載です。
映画を観ているほとんどすべての観客が、とある陰謀が進行しているということに気がついていて、その理由はとてもわかりやすいのに映画の登場人物は誰ひとりとして気づかない。
ゴジラの宿敵、ギドラが出てくるのだけれど、ありゃ、怪獣じゃなくてただのコンセントとかホースだろう…、とか、それって生物学上、不可能なんじゃねみたいな不思議な設定がそこかしこ。
最後の方で、予算がとうとうなくなっちゃったか?って思わせるシーンのあとに、なんでそこまで説明しちゃうってくだりがあって、でもそんなところも許せちゃうほどしっかりとした映画でもあった。
そうそう、音がとっても良くて大きな映画館で観るだけの価値があるかなぁ…、と思いもしました。オキニイリ。

ちなみに来年の春に公開される予定のハリウッド版のゴジラ映画。トレーラーが先日公開。これはすごそう。日本で生まれた話の種が、アメリカに行くとこれだけ膨らむっていうのがうれしいような、くやしいような。それぞれ国の持ち味だ…、って思うようにしようと思った。しょうがない。

コメント

  1. としお

    アメリカ版はNetflixで大評判を取った”Stranger Things”で主役の芸達者の女の子ですね。この子観たさにアメリカでは売れますね。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      としおさん
      ストレンジャー・シングス。絶賛、現在ハマり中です。表情豊かで過剰でない演技。見事ですよね。たのしみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。