Booze at KAEN w/ Chips & Beef

熊本で若い経営者の人たちと楽しい夜。「KAEN」というクラフトビールのレストランで飲んで喰う!
大きなビアタンクが何本も立つファクトリーを眺めながらビールを飲む…、というシアワセな空間でけれど場所は車でないとたどり着かない完璧郊外。
はじめてきたときには「大丈夫か?」って心配したけど、ほどよくにぎわういい店になってた。しかもまもなく熊本市内の市街地に二号店を出すんだという。そうなればここはレストラン付きの工場的な役目をしっかり果たすようになるんでしょうね…、ワクワクします。
5種類の今日のクラフトビールの中から栗のフレーバーのビールをもらって、まず乾杯。料理をつつく。明るい酸味と香ばしいかおりと細やかな泡が喉を洗って気持ちをたのしくしてくれる。

ムラサキキャベツのコールスロー。
ブルーチーズと塩と油で味が整い上にたっぷりパルミジャーノ。
ゴツゴツした歯ごたえと一緒にブルーチーズの香り。
どっしりとしたビールのお供。

ポテトサラダのハウススタイル。
分厚いベーコンをグリルしたのがペロンと一枚乗っかっている。
脂がツヤツヤして食欲さそう。
ポワブルマスタードがたっぷり入って、スキッと酸っぱい。ひんやりとした脂の食感がぽってりとしたジャガイモのなめらか引き立てうまいこと!紫キャベツもポテトサラダもどちらも酸味がおいしい料理で、ドスンと重たいビールの相性いいというのもありがたい。

ここの推しのツートップ。
フィッシュアンドチップスと和牛ヒレ肉の溶岩焼きをたのんでみんなでシェアしてたのしむ。
バリバリの衣にやわらかく潰れる魚。そのまま食べると油の風味にむせ返るよう。
そこに酸味強めのタルタルソースやモルトビネガーをたっぷり食べると油が旨味に変わってく。
ロンドン気分が盛り上がる。
和牛のひれ肉をひとくち大に切り分けて、生の状態で焼いた板の上に乗っけて転がしてやく。
クチャっと潰れてジュワッと肉汁しみだしてくるのがたまらなく、グビリとビール。プハーッとおいしい息を吐く。
一口大に切ったトマトに液体窒素をそそぎいれ、容器の中でしばらくかき混ぜる。真鍮製のマグの表面に霜がびっしり貼り付いて、中からカラカラ、硬質のものが器を叩く音がする。お皿の上でマグを傾け軽く揺すると、カランコロンと凍ったトマトが転がりだす。

オリーブオイルをかけまわしてからパクっと食べる。オリーブオイルの香りの氷がゆっくりトマトに戻っていって口の中を甘酸っぱくする。その甘いことにうっとりしながらまたビール。ホワイトエールに変えて味わう。
自家製のジャンボンブラン。繊細できめ細やかな豚肉がハラリと口で散らかって、しっとりしながら解けてきえる。味わい上品。〆にTボーンステーキを食べるという贅沢な夜。一杯飲んでお腹も一杯というのにサーロインのおいしいことに弱っちゃいます。満ち足りる。

 

関連ランキング:ステーキ | 竜田口駅東海学園前駅健軍校前駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。