CCのカレーにDDのソーダ

a cc朝にカレーを、C&Cで。京王電鉄系列のスタンドカレーの老舗で、かなり好きな店。
小さな立ち食いの店からはじまり、ちょっとカフェっぽい店まであって、今日の店はカフェ仕様。
オムレツのっけたココ限定の料理があったりするお店。

入りやすいおしゃれ系のインテリアで、だからか女性のお客様もチラリホラリと。それも案外おしゃれ女子が集まってるのがオモシロイとこ。
とはいえやっぱりメインのお客様は体の大きなおじさん、あるいはおにぃさんたち。
朝用のご飯少なめ、お手頃価格のカレーもあるけのだけれど、フルポーションのカレーに揚げ物トッピングしてもりもり食べる人たくさん!
カレー好きの食欲に朝も昼も夜も無し…、ってことなんでしょう。カレーショップはこうでなくちゃとニッコリします。

a cc currya cccとはいえボクは朝用カレー。ご飯半分に唐揚げ1個をトッピング。
もう一種類の朝用カレーがソーセージに温泉玉子という組み合わせで、温泉玉子が苦手なボクには唐揚げしか選択肢がなかったわけでございます。

ぽってりとしたフリッタ的な衣をまとった、ふっくらとした唐揚げで肉がクチャっとやわらかい。強めの下味がカレーにまみれても埋没しない。一個でご飯が軽く一膳いけちゃいそうな味が案外オキニイリ。

スパイシーで後から後から辛味が追いかけ、重なっていく独特カレー。
甘みが自然で塩の輪郭がしっかりしてる。胡椒の辛さがどっしりしてて、欧風でもない、和風でもなく、ましてやインド風でもないオリジナル。
たまに無性に食べたくなってしまうわけです。
あまりトロミを持たないカレーで、固めご飯と相性もよい。
かつてはラッキョウが食べ放題で、けれど今では福神漬けだけがテーブルの上に置かれてる。

ここのカレーには酸味の強いラッキョウが合う。だから追加で買ってのっけて、しゃくしゃくカリカリ食感一緒に楽しみ食べる。
カレーの具材の豚肉が良く煮込まれて、噛むとホロっと崩れるコトにニッコリしました。完食す。

 

関連ランキング:カレーライス | 新宿駅新宿三丁目駅新宿西口駅

 

add1add2add3

新宿駅から渋谷に向かって移動の朝。渋谷の駅の新南口から降りたくて、ならば埼京線とか湘南新宿ラインで移動が便利でもある。だから新宿南口。
時間にちょっと余裕があってディーンアンドデルーカに寄る。
物販売り場の中にカフェのあるおしゃれな店で、なのにいつも空いている。丸の内の同じスタイルのお店なんて、席を探すのに苦労するほど流行っているのに、南口はまだまだ、こういうお店のためのロケーションではないのでしょう。

add leafニューヨークのライフスタイルを売っている…と言う、記号がなければへんてこりんな品揃えの値段の高いファストフードにしか見えないですもん。派手派手しく装ったおばさまたちが、いつも右往左往していて今日もそう。

それにしてもカウンターの上にカバンを置いてスマフォをいじる女子。
彼女は自分の家の食卓にも、ああしてバッグを置くのだろうか…、と不思議に思う。わからない。

マスカットミントジュレップソーダを一杯。
作り始める前にマニュアルを一生懸命読んでたスタッフに、はじめて作るの?って聞いたら、はい!って。アイスコーヒーとアイスラテばかり作ってますという返事。
それならスタバでいいんだもんね…、って思ったりする。
ココに集まるおばさま、おじさまにとってはそういう程度の場所というコトなのでしょう。まぁ、しょうがない。それも良し。
ほろ苦くってスッキリとしたミントの香りが涼しささそう。マスカットの麝香の香りがゴージャス感をかきたてて、今の季節にこれはぴったり。飲み干しカップに貼りついたミントの葉っぱの緑鮮やか。さぁ、移動。

 

関連ランキング:パン | 新宿駅新宿三丁目駅新宿西口駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。