7ヶ月たってようやくの南昌飯店に天然鯛焼き

家の近くにあって、なのにといえばいいのか、だからと言った方がいいのか、来づらかった「南昌飯店」。
まるでボクらのダイニングルームのように一時期使っていた店。
中国かぁさんはボクのことをお兄ちゃん、タナカくんのことを弟と呼んで本当にかわいがってくれていた。
彼が逝って一週間くらいした頃だったかなぁ。
たまたま街でばったり会ったカァさんが「ひさしぶり、弟は元気?」って聞くから「亡くなったんです」って答えたら、両手を合わせて「御愁傷様、さみしいネ」って言ってくれた。いつも街角で会うと「また来てね」、店先で会うと「ご飯は食べたの?」って明るく声をかけていたかぁさん。でもそれからたまに顔をあわせても静かに頭を下げるだけ。その気遣いがありがたく、甘えてずっとこなかった。

そろそろかなぁ…、と思ってお店の前でしばらく気持ちを整えてやっとお店の中に入った。
なつかしいなぁ…。
いつものテーブルをもらって座って、なんで目の前に彼がいないんだろうって思ってちょっと気持ちが揺れたけど、いつもたのんだ豆苗と餃子に今日のおすすめメニュー。
麻婆麺とミニチャーハンのセットをくださいって、おかぁさんに言ってちょっとニッコリしてみる。
落ち着いた?って聞かれて「まだまださみしいネ」って答えたら、無理しないでゆっくりネって言われて頷く。さみしいよ。
ニンニクがバッチリ効いた豆苗炒めは、タナカくんのビールのお供。ふっくらとした水餃子と焼き餃子の中間みたいな食べ心地の餃子も好きで必ずたのんだ。ちょっと甘めの麻婆豆腐が醤油スープをおいしくさせる麻婆麺もオキニイリ。

しっとり系のチャーハンはどちらかといえばボクの好みで、あんまり彼は手を出さなかった。ただ豆苗チャーハンっていう豆苗と枝豆を具材にしたチャーハンだけはシャキシャキとした食感が好きだったんでしょうね…、たのむとふたりで奪うようにして食べあった。それで今日はチャーハンの上に豆苗おいて、豆苗チャーハンみたいに食べた。
黙々と食べていたら、かぁさんが来てそっとティッシュを箱ごと置いた。
食べることに夢中で必死で気づかなかったけど、ずっとボクは泣いてたらしくて鼻水までも出てたんだ。ゴメンってティッシュで顔を拭いてたら、「泣くのは生きてる証拠だから」って言われて声を出して泣く。

 

関連ランキング:中華料理 | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

 

お店の横に「天然鯛焼き」のお店がある。
南昌飯店で食事をしたら、鯛焼きひとつを分け合い食べながら帰るというのがいつものコース。
それで鯛焼き、一個買う。
天然鯛焼きがあるんだったら、養殖鯛焼きっていうのもあるんじゃないの…、っていうタナカくんにボクはそんなことあるわけないじゃんって一笑に付した…ところが調べてみると、鯛焼きの焼き型が一尾一尾独立したのが天然鯛焼き。プレートに数尾分を並べて掘った型で焼くのが養殖鯛焼きなんだとわかって、その時は平身低頭で謝った。
食のことでボクに勝てたってそれからしばらく自慢してたなぁ…、なつかしい。
あんこの詰まった頭の部分は彼の分。ボクはしっぽのカリカリしたとこが好きだったから後ろ半分というのがいつもの分け方で、今日はじめてあんこが溢れるように詰まった頭を食べて、おいしいよぉって言って歩いて家につく。尻尾も劣らずおいしゅうござる。一尾を二人で分けるんじゃなく一尾丸ごと食べればよかった。ゴメンナサイ。

 

関連ランキング:たい焼き・大判焼き | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

コメント

  1. ヨウコ

    「泣くのは生きてる証拠」本当にその通りです。
    素敵なお母さんですねー。
    ディンフックのお母さんも優しくて温かいし、ご近所に素敵なお店があるって幸せですねぇ。
    鯛焼きの思い出もまた、ジーンときました。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      ヨウコさん
      人情溢れる街に住んでいて、本当に良かったって思っています。ありがたい…。

  2. チキタン

    サカキさん
    ホントに普段行ってた所にいらしゃったんですね
    勇気出しましたね
    食べながら気づいたら泣いてたって
    毎回自分に置き換えちゃうんですけど
    ジンとしちゃって
    辛いですね。
    でも頑張られましたね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。