30周年。ビッグドッグを食べてことほぐベルクの朝

新宿駅から移動の今日。ベルクに来ます。
通路に大き花飾りが置かれてて、みると開業30周年!
紆余曲折があり、存続の危機に何度も直面しそれでも自分を信じて一生懸命がんばれば、こうして続く。お客様に応援される飲食店とは、なんとステキな存在だろう…、ってしみじみ思う。
店に入ると壁一面にタバコを吸う人の写真が並ぶ。昔はタバコ天国だったお店です。
タバコを吸う人も吸わない人も互いを忖度し合う寛容が当たり前に存在してた、シアワセな時代に想いを馳せて…、というコトでしょう。
タバコを吸わぬボクも心でタバコをふかす。しばし時間を無駄使い。オキニイリのビッグドッグを選んでたのむ。500円というありがた値段にクワトロチーズをトッピング。お供のアイスコーヒーとビーパーもらって着席して待つ。

ところで新宿の西側と東側をずっと分断していた新宿駅。その真中を貫き、往来を便利にする自由通路が工事を終えて運用開始。随分、人の流れが変わったようでこの店の前の通路を歩く人がちょっと減ったようにも感じる。それでもわざわざ、寄り道してまで来る価値のある店だからそれもまた良し。悪くない。
5分ほどでブルブルブルってビーパーがなり、今日のメインのビッグドッグにクワトロフロマージュかけが完成します。
手作りのソーセージゆえ形は毎回微妙に異なり、今日のは太さよりも長さがビッグなソーセージ。ドッグロールの片側からニョイっと盛大に突き出し反っくり返る姿にちょっとビックリ。にんまりします。

ソーセージは製法上、左右の端の形が違って仕上がる。
くるんとキレイに丸まる端っこ。
その反対側は爪の形のような端。
丸い端っこの方をパキッと折ってカプッとそれだけまず味わう。
ここのビッグドッグを食べはじめる儀式のようなこのひと口目。皮がプチュンを弾けて繊細だけど強い旨味をたたえた肉汁が、ジュワッと染み出し口を潤す。

きめ細やかな肉はなめらか。スパイスやハーブの香りが肉の風味を際立ててウットリします。
とろけたチーズをたっぷりまとってなんとも気持ちよさげなソーセージ。シワひとつなくパーンッと張りつめ、サクッと歯切れるドッグロールは表面こんがり焼けてカサッと歯ざわりがよい。

ドッグロールの生地そのものは空気をたっぷり含んで軽やか。むっちりとしたソーセージの食感引き立て、口を満たしてとろけてく。
パンは噛むとクシュッと潰れる。縮こまって歯切れた途端、口の中でボワンと膨らみ、口を満たしてくれる感じが心地よいうえ、オモシロイ。クワトロチーズは渋くて酸っぱく、旨味たっぷり、香りも濃厚。かなり個性的な味わいなのにソーセージの存在感が消えるどころか、その存在を引き立ておいしくしてくれるのもたのしいゴチソウ。
アイスコーヒーにミルクを垂らしてゴクリと飲んで、終わった食器を片付けようと洗い場前に運んだら、ビールグラスが2個並んでた。黒ビールが入っていたのでしょう…、ふっくらとした色黒の泡が壊れず底に溜まって見える。なんて自由な店でしょう(笑)。

 

関連ランキング:カフェ | 新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

コメント

  1. あーた

    到着は西口だけど行くのはほぼ伊勢丹なのでついつい都営新宿線直通に乗って三丁目まで行ってしまうのですが、東西自由通路でずいぶん楽になるようです。
    三丁目駅の少し寂れた感、若い時は苦手でしたが今は人混みが少なめなのが心地よかったりします。

    それにしてもソーセージのはみ出しっぷりが豪快で、見れば見るほど笑ってしまいます、元気でます。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      あーたさん
      まだ人の流れが一定しないような感じがしますね。
      ちなみにこの日のソーセージのはみ出しっぷりはいまだかつてない豪快なもの。ちょっと元気をもらいました。
      コメントへのお返事が遅れて申し訳ありませんでした。匿名さんからの指摘ではじめて気付きました。ごめんなさい。

  2. あーた

    サカキさん、お返事ありがとうございます!
    あちらこちらと飛びながら気ままに時空を超えるような気持ちで記事を楽しんでおります。
    サカキさんもどうぞ心の向くままに、これからも楽しみにしております。
    匿名さんも、ありがとうございました。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      あーたさん
      ご心配おかけしました。ちょっとぼんやりすることが最近多くなっちゃいました。しょうがないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。