24時間たのしい定食屋さんで少年の詩、聞く…

新宿で人にあう用事があって朝早くに出る。
家からゆっくり歩いて新宿三丁目。
気持ちがざわつく状態がかなり長く続いていて、メンタルクリニックの先生が生活の環境をちょっと変えるといいかもしれませんよ…、とも言う。
ただ、今一番の気晴らしと言えば伊勢丹にくること。
そもそもボクの生活において欠くことができないものは伊勢丹だって、もう40年近くも思い続けて生きてきたから、今の生活環境を変えることはむつかしい。
伊勢丹よりも大切なものを亡くしてしまってちょっとあたふたしている状態。一番大切なものがなくなったんだから、二番目に大切なものくらいは残しておいてもらわなくちゃ…、って思いもします。
伊勢丹近くの花園神社。ボクらの聖地みたいな場所で、今日もお参り。おみくじを買ったら「小吉」。相変わらず待ち人は来ず、仕事は難航しそうだけれど、一ヶ月前よりちょっと前進した感じ。鳥居の脇に置かれた立て札に昭和35年生まれは厄年だって。還暦だということばかりを気にして、それは厄年なんだというのをすっかり失念しておりました。

さて朝ご飯。「飲食笑商何屋ねこ膳」にやってくる。
24時間営業の定食屋さん。花園神社の脇にあり、歌舞伎町の入り口という場所でもあるから24時間、必要とする人が必ずいるというワケ。
いろいろ便利でよく来ていた。
オキニイリは「ねこ膳ミックスからあげ定食」。
チキンカツにウィンナフライ、じゃがいもコロッケに唐揚げがつくという揚げ物天国。人を太らせることを目的にこの世に生まれ落ちたような料理でうれしいことにほとんどの料理が二切れ、あるいは2個のっかってくる。だからひとつたのんでふたりで分けてた。
焼き魚がまたおいしくて、その定食をひとつたのめば揚げ物と焼き魚の両方たのしく味わえる。揚げ物も焼き魚も家であまり作りたくない料理だったからとても重宝だったのですね。

今日はそのねこ膳ミックスからあげ定食を1人で食べる。
ご飯は半分。
赤出汁がついてくるんだけどこれがなかなかおいしくて、朝のお腹にしみじみ滋養が行き渡る。
細かなパン粉がぎっしりついて揚げられた衣は頑丈。
バリバリ砕ける。その噛み心地がたのしくて、分量以上に食べた感じがするのがまたいい。

特にウィンナフライのおいしいこと。バリッと衣が砕けるとプチュンとウィンナさんが弾けて中から肉汁ジュワッ。チキンカツはふっくらやわらか。醤油とニンニクがバチッときいた唐揚げはタナカくんが作るからあげに似ていてなんだかなつかしい。

業務用サイズのマヨネーズがおかれているのが、またデブ仕様。酸味のきいたさっぱりタイプのマヨネーズで、それをじゃがいもコロッケにたっぷりのっけて七味をパラリ。パン粉衣がバリバリ砕けて、味はまるでポテトサラダのようになってく。オキニイリ。
食事をしてたら聞き慣れた曲。
沢田研二の「ヤマトより愛をこめて」が流れてきた。カラオケでよく歌っていたネ…、オリジナルの沢田研二の唄で聞くのははじめてだ…、って思いながら聞き入ってたらサンボマスターにジュディマリ、椎名林檎と続いて流れる。
全部、彼の持ち歌でこれは絶対、タナカくんが選曲して流してるんだなぁ…、って思ってクスッと笑ったらブルーハーツの少年の詩が流れてきた。あぁ、これは泣いちゃう歌だなぁって思って急いで店を出た。

ブルーハーツの少年の詩。
20年近く前のコト。創業者である父を支える立場で頑張っていた会社がどんどん駄目になっていく。ここままだった絶対に潰れてしまうに違いなく、それで父と戦ったのだけどいつも負けちゃう。父と戦うということは古い体質の外食産業や古い価値観の経営者たちと戦うということであって、それはそれは大変な戦い。
負けても負けても次の戦いに向かっていかないと会社どころかボクの人生も台無しになっちゃうわけで戦う気持ちを鼓舞しなくちゃいけない。でもしきれないかなぁ…、と思ったときにタナカくんをカラオケに誘ってこれを歌ってもらってた。
元気が出るんだ…、彼の歌はなにかに向かって驀進していくようなエネルギーがあって元気が出た。

♪ ただこのままじゃいけないってことに気づいただけさ。そしてナイフをもって立ってた ♪…、って下りで思いっきりうなずいていた。
♪ 少年の声は風に消されても間違ってない ♪というところも好きだったなぁ…。そして最後に「いろんなことが思い通りになったらいいのになぁ」って歌い終えると大声で「がんばれ!」って言ってくれるからボクも「がんばる!」って叫んでいつも手を強く握り合ってた。
結局、ボクの持ってたナイフじゃ何も壊せなくって、会社は潰れた。それからしばらくは歌いきにもなれなくって、この歌のことも忘れていたけどいろんな縁とちょっとした運で別の仕事が再開したとき、彼がひさしぶりにカラオケに行こうっていって、一曲目にこれを歌ってくれたとき、あぁ、この人がいてくれてよかったなぁ…、って思った。そんな歌です。今でも聞くと泣けてくる。

 

関連ランキング:居酒屋 | 新宿三丁目駅東新宿駅西武新宿駅

コメント

  1. あおあお

    食べることは生きること、生きることは沢山の思い出が自分を包んでくれることなんだなと、サカキさんのブログを読むとしみじみ思わされます。
    なんだか美味しそうな唐揚げ、食べてみたいです…

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      あおあおさん
      タナカくんが作るからあげは最高においしかった。最高においしいカレーに最高においしい唐揚げを添えて、お腹いっぱい食べたいなぁ…、ってしみじみ思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。