2020年の大晦日

年越しのお菓子を何にしようか…、って伊勢丹の地下をぶらぶらしてた。
日持ちのしそうな落雁みたいな、お茶請け用の和菓子なんかいいかもなぁ…。
色とりどりにきれいな和菓子。
そう思って歩いていたら、ファンキーでポップな絵柄の箱を発見。よく見るとリスが牛を引っ張ってその背中には米俵。鶴に富士山、梅に松に打ち出の小槌。めでたい物がこれでもかって描かれていてそのハチャメチャがタナカくんの庭の新年にぴったりかなぁ…、と買ってお供え。中には口溶けのよいくるみのクッキー。和三盆の干菓子を食べてるようなとろけに、ホツホツ、舌の上に残って潰れるくるみ。年越しまでなくなっちゃいそうなオキニイリ。
近所の八竹が今日は予約販売のみで予約し遅れたボクは代わりに志乃多寿司。志乃多にかんぴょう巻きに細巻き、太巻きまでもが入った6種盛りを買ってパクパク食べる。

年越しそばを家で茹でてスルンと食べる。
出雲そばのおいしそうなのがうられてて2人前からというコトだったから全部茹でて師走のやけ食い(笑)。
お供に天ぷら。エビと小柱のかき揚げと穴子を一本。それぞれ食べやすいように大きめ一口大に切り分け、ズルリパクパク。昆布の甘みと旨みがしっかりしたタレで、なんともおいしい。
タレを半分ほど拝借し、蕎麦湯で割ってひやあつたのしむ。汁の中でかき揚げがふやけて蕎麦にからむ感じがオゴチソウ。山芋を拍子木にして赤唐辛子を加えただし醤油に漬け込んだのをお供にズルリ。口の中でとろろそばまで出来上がる。

今年は本当にがんばった。
一時期、自分が生きているのかどうかわからないほど戸惑ったことがあったけど、なんとか年末をむかえることができたわけです。
本当にあれからがんばった。
最初の数日は食べることを忘れてしまうほどにあわただしくて、それから数週間は食べることがつらくて一体、何をどう食べていたのか思い出せないほどだった。

でも一緒に食べた料理のことや、好きだった店のことをちょっとづつ思い出しながら計画的に食べるようになり、ベッドに入ると明日は何を食べて彼を偲ぼうか…、と一生懸命食べるようになってなんとか落ち着いた。

食べるということはすばらしいこと。食べる気力があるということは生きる力と思い知るような8ヶ月ほど。大晦日は、いつもならば紅白歌合戦のツイート中継をするところ、歌の思い出って重たいんですよね…。もしかしたら途中でギブアップしてしまうかもしれないから、非常事態に備えて二人して好きだったトゥーランドットのDVDを待機させつつTwitterでポツポツつぶやくことにする。
お供はバーガーキングのチーズワッパージュニアにチキンナゲット、オニオンリングにハッシュブラン。
がんばったご褒美に茶色いゴチソウを買ってきた。ワッパーは野菜をみんな抜いてもらって不健康に輪をかけた(笑)。2020年をひとりで送る。のんびりと。

コメント

  1. チキタン

    サカキさん
    今年もあと少しですね
    世の中的にもご自身も
    激動の年でしたね
    でもここまで頑張られましたもんね
    凄いです
    来年も美味しい文章と写真を楽しみにしてます
    良いお年を

    • サカキシンイチロウ

      チキタンさん
      ボクの好きな外食産業とボクの好きな人の両方がなくなってしまった2020年。
      仕事もほとんど動かずそれはそれは大変でした。
      でもここまでがんばったんだから、来年もひと頑張り。
      新しい時代の新しい日本の新しいボク。
      それを作り出すように一生懸命がんばろうと思っています。来年もよろしくご声援を。ありがとうございます。

  2. Leocco

    サカキさま、

    今年も残すところ二時間。
    コロナで世界中が大変だっただけでなく、サカキさんにとって、とっても大変な年でしたね。

    そんな中、美味しいお食事に添えて、サカキさんのその時々の気持ちをこのブログで共有させていただき、ありがとうございました。

    モーツアルトのフィガロの結婚を聞いていたんだけど、トゥーランドットにいま変えました(笑)。

    2021年がサカキさんにとって、日本の外食も、そして社会全体がいい年に、そして明るい世の中になりますように。

    どうぞお元気にお過ごしください
    来年も楽しみにしています

    • サカキシンイチロウ

      Leoccoさん
      トゥーランドットのピンポンパンが大好きで、子供番組のピンポンパンってこれからきてるんだよ…、って教えてあげるとすごく喜んでました。
      来年は気持ちもあらたに、ちょっとでも前向きにと思っています。
      来年もよろしくお願いいたします。

  3. かよこ

    たべることは幸せなんだって、ブログを拝見するたびに想います。くるみのクッキーのようにしあわせをはこぶ食を私もみつけていきたい今年です。

    今年もたのしみに読ませて下さい!
    よろしくお願い致します

    • サカキシンイチロウ

      かよこさん
      食べることはシアワセなこと。
      食べられることはもっとシアワセなこと。
      どんなに辛いことがあっても、何を食べようと思えることはまだまだ生きていく気力があるということでもある。
      そんなことをしみじみ感じた2020年でした。
      今年もよろしくお願いします。

  4. チキタン

    サカキさん
    これを書いてる今は年明けてますけど
    私も大変な一年で
    でも想像を絶する大変さのサカキさんがこんなに前向きに頑張ってらっしゃるんだって
    励まされたりしました

    単純にリズミカルな美味しい文章に想像を掻き立てられ
    知ってるお店はニヤリとして
    知らなかったお店は行きたいと思い
    いつも楽しませて頂いてます

    今年も宜しくお願い致します

    • サカキシンイチロウ

      チキタンさん
      もっと大変な思いをしてらっしゃる方もたくさんいらっしゃるんだと思って、くじけず頑張ろうと思うのですけど、それでも寂しくなっちゃいます。
      そんなときでもおいしいものを食べると、あぁ、シアワセだって思える。生きてるってステキなコトですね。
      今年も一生懸命、前を向いて頑張っていきます。よろしくご声援お願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。