15年間、変わらぬ空気、変わらぬゴチソウ

新宿御苑の近くに「大木戸矢部花園町店」という日本料理の店がある。
矢部さんが新宿御苑の大木戸門近くではじめたお店で、それで大木戸矢部を名乗ってた。
そこが手狭になって移転した先がここ花園町。15年ほど前に銀座にお店を作り、ここが花園町店なった。矢部さんは銀座で腕をふるいここは若い人ががんばっている。
思い出のあるお店です。
仕事は順調。やることなすこと成功し、タナカくんの仕事も順調。毎日たのしく、一緒にいるとそこが世界の中心みたいに感じたほど。その世界の中心の中にあったオキニイリのお店のひとつがこの店で、よく来てた。ふたりでいるとそこは世界の中心なのに、ひとりになると世界の隅っこにいるさみしさに気持ちが折れる。ここ数週間、さみしい気持ちが日々深まってなにか元気になるきっかけを作らなくちゃ…、ってこの店に来た。
散歩でずっと近所を歩いていたけれど、なかなか気持ちが向かなかった。荒療治にも似た昼食がどんな結果になるやら、ドキドキしながら暖簾をくぐる。

15年ぶりの来店です。
お店は変わっていませんでした。
カウンターの中に板場と焼き場に揚げ場。板場の前のオキニイリの席をもらって座ります。
茹でた毛蟹の足をせせって肉だけ取り出す。
夜の仕込みでありましょう。手を動かすことが好きな人たちが働く調理場。
そこに矢部さんが立っていて、奥の厨房で創業の店を譲られ「御苑前せお」をやってらっしゃる妹尾さんがいて、右隣にはタナカくんが座ってた。なつかしいったらありゃしない。
「納豆うどん」をお願いしました。
茹でてキリッとしめたうどんに納豆、卵黄、ネギ、鰹節。それをかき混ぜ仕上げるもので、うどんと鰹節以外は見るのも嫌だったものばかり。ゾッとしながら食べたらこれがおいしくて、苦手食材を克服できた思い出の品。

うどんは熟成さているからコシがある。ただかき混ぜるのでなく麺をもちあげ、空気をたっぷり含ませながらよく混ぜる。説明しながら横でずっと箸を動かし混ぜていく、その口上も仕事もみんな昔のまんま。
漆に椀にたっぷりの泡。納豆臭さはまるでなく、糸も完全に切られて粘らずふっくら、うどんとからんで口にスルンとやってくる。
こしは強いけどなめらかな麺。そのなめらかを泡が一層なめらかにする。鰹節の香りがふわり。強い旨味にネギの歯ざわり、みずみずしさに辛味がほどよいアクセント。底から納豆の豆が転がり出してきて、確かにこれは納豆だった…、と思ってニッコリ。
いろんなことを思い出し、ぼんやりしたから料理の写真もぼんやりしちゃった。そば湯にタレをもらってお腹をあっためて〆。元気がでたら今度は夜にきてみましょうと思って、お店を出て泣いた。

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 新宿御苑前駅新宿三丁目駅東新宿駅

 

新宿御苑で昼の〆。実は住んでる部屋のちょうど上に部屋が改装工事。日中はドリルの音が激しくて、逃げ場を今日は新宿御苑と洒落てみる。
空が高くて浮かんだ雲が秋の装い。木々も秋の準備をしてる。
無料で使える居心地の良い休憩所があってくれるのがありがたく、せっかくだから甘いものをお供にします。
かき氷には涼しくて、アイス抹茶最中を選ぶ。たっぷりのあんこに抹茶アイスにサクサクの生地。クシャッとつぶしてクシュっと食べる。壊れた生地は香ばしくってにぎやかで、アイスクリームやあんこはぽってり。ほどよく甘く、ほどよくすずしい食後のゴチソウ、さて仕事。

 

関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 新宿御苑前駅千駄ケ谷駅代々木駅

コメント

  1. よおぜふ

    サカキさんが嫌いだった納豆に目覚めた、というお店のお話し、ずいぶん前ですが覚えていますよ。一時期よく名前が挙がってましたし、素敵なお店だなぁ、ととても憧れておりました。
    私もランチでだったら、行けそうな用事があったら、と思いつつ残念ながら未訪です。
    涙されたとのことで。。。
    若くてあぶらが乗って、思い返せばキラキラしていた頃を懐かしめるのは、頑張って成熟した大人になった証拠なのでしょうか。
    そんなお店にたくさん巡り合われているサカキさんは素晴らしいです。
    ずっと頑張っている素敵なお店、そこに変わらずあることは有り難いですね。

    • サカキシンイチロウ

      よおぜふさん
      季節のおいしいものを教えてくれるお店です。
      なによりご主人のお人柄が好きで、ふたりしてよく通いました。
      銀座のお店もこの花園町のお店も、昼には手軽な料理があってもっと頻繁に通いたいと思いながらも、なかなか気持ちが進まずにいました。
      ちょっとずつ前に向かっているのかなぁ…、と泣きつつもそう思った午後でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。