1つ目おばけのドーナツ、夜の珉珉、唐揚げ定食

今日は歌舞伎町のクリスピークリームでアメリカ的に季節を感じる。
4種類あるハロウィンドーナツ。先日はジャックオーランタン仕様のドーナツを食べ、今日はアップルキャラメルモンスター。
穴の開いたオリジナルグレーズドをキャラメルチョコとリンゴのピュレでコーティング。チョコのひとつ目がかわいらしいんだか、気味悪いんだか。いかにもハロウィンらしい造形。
やっぱりこれにもひまわりの種の角が生えてて、パクっと一口。クシュッと潰れてリンゴの香りと一緒にとろりと口どけていく。甘酸っぱくってなかなかおいしい。一口食べたあとのドーナツが、パックマンみたいにみえてちょっと笑っちゃう。

 

関連ランキング:ドーナツ | 西武新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

 

夜、家の近所の珉珉にくる。
カウンターの中にキッチン。周りにテーブル。
厨房の中ではご主人一人が料理を作り、気のいい女将さんがサービスをするという典型的な町中華。
ここの唐揚げが大好きでその唐揚げにご飯と餃子3貫がつく定食にする。
大きめに切り分けた鶏のもも肉にスープをぐいぐい揉んで吸わせて、粉をたっぷりまとわせ揚げる。衣分厚くしかもふっくら、シットリしてて中の鶏肉もふっくらやわらか。サイドに添えられているマヨネーズをたっぷりつけてパクっと食べると、口の中がおいしい脂で満たされる。餃子3貫とご飯と味噌汁、それからキュウリのしばづけがついてひと揃え。この味噌汁が寄せ鍋を作ったあとのスープのようで、何味なんだかわからないんだけど不思議においしい。オモシロイ。

ここの餃子には直接お酢をかけて食べるのがオキニイリ。
醤油はほんの少々で、お酢はたっぷり。そこに胡椒をバサバサかける。
ラー油は香りが独特で、焼けた餃子の風味よりもラー油を食べてるみたいな感じがしてしまう。
胡椒の香りは餃子の焼けた風味を邪魔しない。
辛味の影に甘みがあって、肉が多めのここの餡をおいしくさせるような気がする。オキニイリ。
友人は肉野菜炒めの定食をたのんで、2人で分け合い食べる。こういうお店の野菜炒めって、なんでこんなにシャキシャキしていておいしんだろうって、今日も感心しながらシャキシャキ。モヤシにニラ、ネギにキクラゲ、そして肉。歯ざわりのよい野菜ばかりを使って肉の食感ひきたて、ご飯のおかずになんともぴったり。

麻婆豆腐ラーメンをたのんで分ける。
なぜだか好きな麻婆豆腐ラーメン。麻婆豆腐だけを食べるとビリビリ辛く、醤油風味のラーメンスープと一緒に食べると、そのピリピリがほどよい辛さに変わってくれる。ツルツルスベスベの豆腐が、ぽってりとしたとろみと一緒にスープに混じってスルンと喉を滑り落ちていく食感が好き。
麺は縮れた中太麺で、その食感を豆腐のスベスベが引き立てるのもまた旨い。スープと一緒に麻婆豆腐をすくい上げご飯にのっけてザブザブ食べてお腹を満たす。満たされました、オキニイリ。

 

関連ランキング:中華料理 | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。