黒豚蒸して黒酢で食べるカゴシマランチ

iti1iti2帝国ホテルで仕事を終えて、そのまま日比谷。
あったかい料理を食べようと、それで「いちにいさん」へと足を運んだ。

かごしま遊楽館という物産館が入ったビル。
その2階にあるお店でしみじみ、鹿児島感が漂うエリア。
この界隈を歩いている、ちょっと小太りで濃い目の顔のおじさんたちが、みんな鹿児島出身かしらとおもってしまうような場所(笑)。
中に入るとカウンターがメインの造り。名物料理はそばダレで味わう豚しゃぶ。あるいはせいろ料理というコトで、カウンターにはIHヒーターが埋め込まれてる。ランチは黒豚がメイン素材のお腹を気軽に満たせる料理が多彩に揃う。

iti-seiromusiiti-musiそれも1000円前後というウレシイ価格で、おじさん、女性と性別問わぬ客層。いつもニギワッている。

ここのランチのメイン商品。
黒豚と野菜の蒸し物。
蒸し寿司、それからとん汁という組み合わせ。
お膳に上に料理がギッシリのっかって大きなお椀が蓋してやってくるのです。
蓋を開けると、ふわりと湯気。
甘い味噌の香りがしてくる。
醤油に味噌に昆布だし。
基本的な調味料がみんな甘いのが特徴の九州独特の甘い香りにウットリとする。

長方形のせいろの中にギッシリ黒豚、それから野菜。
胡麻をちらした黒酢が用意されていて、それに浸して食べるというモノ。
豚の脂が適度におちて、しかもしっとり。やさしい食感に体にいいものを食べているんだ…、って気持ちになれるありがたさ。
野菜はかぼちゃにニンジン、キャベツ。肉の下にはくずきりとオニオンスライスが敷かれてて、分厚いしいたけと味わい、食感、とてもニギヤカ。
甘い卵焼きも彩り添えて、豚肉よりも野菜がおいしく味わえるのがステキなところ。

iti-kurozuiti-kurozu2iti-kuzukiri

せいろに具材を突っ込んで蒸気を通せばできる手間のかからぬ料理だから…、と、このやり方を真似るお店がたくさんあるけど、どこもがここみたいにおいしくならない。なにより料理に見えなくなったりするのです。
ココの具材は下ごしらえがしっかりしている。しいたけのような素材は予め味を煮含め、キャベツは茹でてクルンと丸めて取り扱いやすく、しかも口にキレイにストンと収まるように下ごしらえ。
しかも黒酢が甘くておいしい。体がちょっと疲れたときには、ここの黒酢を思い出し食べたくなるほど。黒酢の入った器を手に持ち、唇近づけなるべく沢山黒酢が口に入ってくるようズズッと食べる。お行儀悪いけどしょうがない(笑)。

iti-susiiti-shouyu筒状の陶器の器に入ったご飯。
ほんの少しの甘酢で味が整っていて、蒸しているから味わい、香りがちょっとトボけた感じに仕上る。
それがちょっと物足りなくて、はじめてきたとき黒酢を注いで大惨事。
だって器の底に穴があいてて、そこから黒酢が流れ出してきた。蒸気を通しているんだからそんなことぐらい推察するべきだったのだろうけど、おいしい失敗。

そういえば。
父が四国から東京にきてはじめてざるそばを食べた時、つけだれを上から注いで、全部お盆に垂れ流し。だってせいろの上に麺を乗せる文化が当時の四国になかった。異文化に出会うことのたのしさと、それを身につけ気持ちが豊かになってくコトが「生きていくコト」なんだよなぁ…、って、思ってニッコリ。テーブルの上のふたつの醤油が語る頑な。それもまた良し。オキニイリ。

 

関連ランキング:豚しゃぶ | 日比谷駅有楽町駅銀座駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。