麺でつながる3店舗

徳島にきて仕事。
徳島市内から車で小一時間移動した「藍住」という地区。
かつて藍染産業で栄えた街で、今でも昔ながらの方法で藍染製品を丁寧に作り続けている豊かなエリア。
東京オリンピックのエンブレムのメインカラーがジャパンブルー。つまり藍染色ということで、ちょっと湧いてる。

その街の街道沿いに、うどん屋さんにラーメン屋さん、お好み焼き屋さんがひとつ敷地に出店している場所がある。
3店とも同じ経営。
一軒、関係のなさそうに見える業種の組み合わせだけど、実はすべてが麺つながり。うどん屋さんは当然麺屋。ラーメンもそう。お好み焼きも実は焼きそば、焼きうどん、モダン焼きに広島風のお好み焼きと麺を豊富に使う店。敷地の一角に麺工場を作ってそこで全店分の麺を作って供給する。つまり「麺つながり」の3業種。街中には飲食ビルというのがあって、テナント店が力を出し合い集客してる。それを郊外に作ったらどうなるんだろう…、ってこういう開発方法が一時期流行った。その一例。

地方都市でお店を増やそうとするとひとつの業種では互いが共食いしてしまう。
だからいくつかの業種を結果、経営することになるのだけれど、すると管理がむつかしい。
仕組みだけなら何業種、何業態分でも作れるけれど、それぞれの業態に合わせて人を育て元気に働いてもらうには手間と時間がかかる。
それをこうして店を一ヶ所に集めれば、目が行き届きお客様だけじゃなく店舗スタッフも互いに融通しあえて便利。
お店を訪問するのも便利でありがたい。

まずはうどんのお店を訪ねる。
今や地方のうどん屋さんは集客するのに必死になってる。丸亀製麺が安い値段で集客をする。手作りで少々おいしくしても安さに追いつかない。だから廃業する店が続出してる。

けれどこの店。ランチタイムとなればかなりの人気。若い女性もいれば、お腹いっぱいを求める作業服の男性客もいたりとお客様の種類も多彩。彼らも丸亀製麺のような店で食事をする機会もあるだろうに、ココではなくてはならない理由がいくつかあってこうして集まる。

例えば、居心地のよい空間だったり。
セルフサービスではなく人間味のあるサービスだったり。
古い家屋を使った店で、だから夏には冷房が効きにくかったりするのだけれど、扇風機をおき、自由に使ってくださいよ的あたたかみのある雰囲気だったり。

当然、セルフうどん屋で食べることができない丼。揚げたての天ぷらだったりも魅力の一つで、しかもココには昔からある独特なオンリーワンの商品がある。
「冷やしラーメン」なんていうのがその典型。
麺はラーメン用の中華麺。上にのっけた具材は錦糸卵にワカメにタケノコ。
甘辛煮込みの牛肉にナルトにネギと、その盛り付け方だけを見ると冷やし中華のようにも見える。

ただメンマではなく八竹の穂先だけを出汁で煮込んだモノであったり、肉うどんの上具の牛肉だったりと、丁寧に見るとぶっかけうどんのようでもあって、ちょっと戸惑う。
上からかけるタレは鰹節と昆布でとったぶっかけうどん用のツユ。徳利を持ち上げそれを注いだ途端に、鼻をくすぐる匂いはうどん。あるいはそば。

中華麺はカンスイが強めにきいた腰が強くてなめらかな麺。一口すすると口に広がる香りはカンスイ独特のちょっとアンモニアっぽい香り。あぁ、昔の冷やし中華ってこういう匂いがしたよなぁ…、って思いながらすすっていくと次に出汁の香りがそれを置き換えていく。
麺のチュルチュルした食感はあくまで中華。なのに味はさっぱりとしたそばやうどんで、口からお腹が涼しくなってく。煮た牛肉の脂が徐々に麺にからんでどっしり味になっていくのもたのしくて、あっという間に完食します。オキニイリ。

 

関連ランキング:うどん | 板野駅

 

一ヶ所にいくつも業種があるのは、管理の上では便利なんだけど、今日のように試食の仕事のときには大変。
ちょっと歩けば次の試食がまっているから。
大忙しのお込み焼き屋さんは香りの試食をしただけで、そのままラーメンのお店に移る。
夏の涼しい麺を2つ。
豆乳の旨みとコクをつかって作った担々麺。
やさしい味わいでいいのだけれど、夏にはやっぱりもっとガツンッと辛くて汗が出る冷たさがうれしいのになぁ…、と思ったりする。
カリカリ梅と塩ダレで食べる冷たいそばもどこかぼんやりした味わいで、普通に熱い担々麺が恋しくなっちゃう。しょうがない。

古い店です。でもピカピカに磨き上げられてうつくしいことにはウットリします。厨房の中のステンレスもキラキラしてて、お店の気合が滲み出す。
うどん屋さんに比べてお客様の体型がふっくらしているように見え、なんだかホっとしちゃうボク(笑)。そこにいるべき人がいる店っていいなと思う。
もう夏休みの準備をはじめているのでしょうか…、子供連れのお客様が多くて子供目線にあわせて説明をしながら注文をとるスタッフの笑顔がゴチソウ。飲食店は人の産業ってしみじみ思う今日の午後。

 

関連ランキング:ラーメン | 板野駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。