鹿児島県霧島市塚田農場、四谷のお店

東京に帰って食事。
どこにしようか…、とちょっと悩んで四谷三丁目の交差点の四隅を眺める。最近あまり行ってない店にしようとじっと見つめて、そうだ、そこ!塚田農場を選んでみます。
日南市系と霧島市系の二種類がある塚田農場。
最初はメニューが一部かぶっている程度で、独自路線を行っていたけど最近、どちらもあまり変わらぬメニューの内容。同じ会社がやることですから、結局、似ちゃうのもしょうがないかと思ったりする。
急な階段タンタン上がり中に入ると半分ほどの入りでしょうか…、サラリーマンのおじさんたちが真っ赤な顔して飲んでいるのが、今時なんだか珍しい。

最近、若い人たちがくる居酒屋に行くと飲んでる人が少なかったりするのだけれど、やっぱり居酒屋って酔っ払いがいないとつまらないよなぁ…、って思ったりもした。心地よし。

メニューを見るとなんとこのブランド。
今年で10年目なんですね。
しかも一号店が八王子。みやざきの地鶏をおいしく食べてもらいたいとスタートした…、っていうメッセージ。
その創業の精神を再びお客様にわかってほしいということなのか、サービススタッフが熱烈に地鶏をおしてくるセールストークに、言わされてる感が微妙に漂い、大変なんだなぁって思う。

お通しが2種類用意されるようになったのですね…、かつてはキャベツとキュウリがお通し。それが不思議とおいしくて、つけて食べるための味噌をセールスプロモーションのツールにしてた。なんだかちょっとなつかしい。

ツカダックと名乗る北京ダック風のお通しに、カレー風味のタクワンに創意工夫を感じるマカロニサラダと、料理性を押し出す方向にこれから向かっていくんだろうなぁ…、って思って食べる。まぁ、旨い。

素揚げの長茄子のマキシマム風味。トロトロさっくり、茄子独特の食感たのしい。
オクラに薄い豚バラ肉を巻いた串焼き。
さっくり肉の脂が壊れて、とろりオクラがなんともなめらか。
塩ダレで和えたネギに釜揚げしらすをタップリのっけて一緒に食べると、ネギの辛味がしらすの風味を引き締める。気がきいていていい感じ。
山芋のトロトロ焼きという粉を使わないお好み焼きのような料理にタコがタップリ。つまり粉を使わず仕上げたお好み焼きの形をしたたこ焼きというひねりのきいた料理で旨い。タコがタップリ入っているのがいいのでしょうネ…、気に入った。

この料理に限らず居酒屋チェーンの料理のほとんどが「もうちょっとだけ食材を余分に入れればおいしくなるのに」って思う節約料理になっちゃうんだけど、ココはタップリ容赦なく。だからおいしく、印象に残る料理になるのがステキ。
カンパチを胡麻ダレであえた料理もタレダクでしかもネギダク。メヒカリの唐揚げとっても予想以上の量がくる。
おつまみになるチャプチェというのがあってたのむと、これもタップリ野菜が混じり、しかも玉子がおそらく二個分。ふっくら壊れたオムレツみたいに入っててゴリゴリ固い韓国春雨の食感引き立ておいしくさせる。悪くないなぁ…、って思ったりする。さぁ、帰ろ。

 

関連ランキング:居酒屋 | 四谷三丁目駅曙橋駅信濃町駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。