鴨に天ぷら、生粉打ち三昧

koma-mise新宿の東急ハンズでちょっと買い物。
ちょうどランチの時間帯で、ついでに同じビルの中にあるレストラン街でランチにしましょう。
新宿の南口にある百貨店ビル。
とは言え全館丸ごと百貨店じゃなく、百貨店がメインテナントのショッピングモールという構成で、その上層階にあるレストラン街。
高島屋というメインテナントのイメージに合わせて上等なお店がたくさん集まっている。大人な雰囲気。
その中の蕎麦のお店「小松庵総本店」を選んで来ます。

好きなお店の一つなんです。
料理も好き。ほんわかとした雰囲気も好き。人気のお店ではあるけれど、せわしなさがなくっていつもほのぼのとしたおいしい空気が漂っている。その空気感がなにより好きで、オキニイリ。

koma-sobakoma-kiko二八そばと十割の生粉打ちそばの準備があって、人気は生粉打ち。
その生粉打ちそばの魅力を思う存分味わえる「生粉打ち三昧」という御膳料理がある。
冷たい蕎麦に、熱い汁そば。
それに天ぷらの盛り合わせがつきひと揃え。

冷たいそばは丸いザルにのせられている。
遠目にもみずみずしくて、ツヤツヤとてもみずみずしい。生粉打ちの割には色が淡くてそれほど太くはない。蕎麦の香りは力強くて唇の間を滑って口の中へと飛び込む食感はとてもなめらか。
噛んでいくとユックリとろみと粘りがでてくる。
味わいはなやか、オキニイリ。

熱い汁そばは鴨南蛮。鴨の脂が熱々で、それが蓋して汁がずっと熱くて脂の香りがおいしい。
炭で焼いているのでしょう…、鴨の脂は香ばしくネギの香りも甘く仕上がる。それらの風味が汁に混じって、なんともおいしい。オゴチソウ。
熱々の汁に使った蕎麦は、冷たい蕎麦とはまるで異なる料理かしら…、って思うほどにネットリしていて、汁をたっぷり口へとたぐる。鴨肉自体も上等で、噛むとジュワリと肉汁口へとほとばしり出る。滋養に満ちたそばに体が芯から潤い、温まっていくのを感じる。アリガタイ。

koma-tenpura天ぷらも上等でした。
エビに穴子、キスと江戸前天ぷらの代表的なネタが揃って、それにシシトウ。
茄子と5点セットでひと揃え。
衣は若干バリッとしてます。
そして分厚く、花が咲いたようにチリチリ。
口に含むとそのチリチリがパラリと壊れて口に散らかる。

ツユに浸せば天ぷら油の旨味や風味がタレをおいしくさせるんだろうけど、まずは塩で味わってというコトなんでしょう。
焼き塩が別に用意されてる。
天ぷらを塩で食べるというこの食べ方。生まれて初めててんぷら屋さんのカウンターですすめられたとき、あぁ、こんな大人の食べ方があるんだなぁ…、って感心したものでした。天ぷら衣の玉子や小麦の味わい、香りがが素直に口に広がって、油の風味も手伝ってでしょう…、甘く感じるステキを今日も味わった。

koma-kyurikoma-goma汁はしっかりとした東京風の醤油味。
かつおの出汁の酸味がキリッと甘みをひきしめ、そこに鴨の脂が混じってかなり重厚。
山椒をパラリとふりかけ食べると、脂の甘みがグイッと引き立つ。

せいろのタレは醤油と胡麻と2種類ついてやってくる。
薬味は3種。わさびと白ネギ、それから細かく角切りにしたキュウリとそれがちょっと独特。
このキュウリ。ごまダレに入れるとキュウリの緑の香りが胡麻の風味を明るくさせる。しかもシャキシャキ、みずみずしく歯ざわりもよい。
その歯ざわりが、ごまダレのポッテリとした食感引き立て、互いがおいしくなっていく。
ごまダレの胡麻の風味や軽い渋みが、そばの香りや味わいを引き立て、あたかもそれが蕎麦そのものの味や食感であるかのようにふるまうステキ。スルンスルンと啜って味わい、お腹も満ちる。

koma-nasukoma-sobayukoma-kanshoku

食べ終えた鴨南蛮の汁の中に茄子の天ぷらをそっと沈めた。粋に塩だけで天ぷらを全部食べようと思ったのだけど、やっぱり汁に浸した天ぷらのおいしいコト。衣の油と鴨の脂がひとつにまじり、茄子はトロンとなんともなめらか。なんだか気持ちがおだやかになる。
蕎麦湯を注いでタレを飲む。
ポッテリとした蕎麦湯で汁が濃度をもって、トロンと喉を心地よくしてあっためる。蕎麦湯で割るとそれまで隠れていた出汁の旨味や香りが顔をのぞかせ、しみじみおいしい。オゴチソウ。
お膳の上の器も見事にキレイになった…、オキニイリ。

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 新宿駅代々木駅新宿三丁目駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。