鳩森神社でパニーニ、それからモンマスティー

昨日と打って変わって朝から天気の木曜日。散歩日和です…、散歩する。
テクリテクリと30分ほど歩くと到着、千駄ヶ谷。
青山にある「パンとエスプレッソと」がやってる小さなお店があって、そこでパニーニをテイクアウトする。
細身のパンを使ったサンドイッチで焼いてください…、っていうとプレス機に挟んでじっくり。3分ほども焼いて仕上がり。袋に入れてもらって店を出る。
隣にアイスティーがおいしい「モンマスティー」ってお店があってそこで飲み物。一緒にスコーンはいかがですか?と勧められたけど、隣でサンドイッチを買っちゃったんですって白状しました。
そしたら笑顔で「おいしいですもんね…、うちのアイスティーと相性ぴったり。たのしまれてくださいね」って。散歩の上がりの上等な朝。

2つのお店の向かい側にある鳩森神社の境内拝借。ベンチに座って朝ご飯。
無造作に紙でくるんだパンを取り出す。こんがりついた縞の焦げ目がおいしげで、まだほかほかというのがウレシイ。
挟んでいるのはルッコラ、生ハム。オリーブオイルをたらりとたしただけとシンプル。ただパンの表面のさっくりとパンそのもののふっかり感。葉っぱのザクザク、ねっとりとした生ハムと食感にぎやか。もっといろんなものが口の中にあるんじゃないかと思ってしまうほどの騒々しさにニッコリとなる。
熱で脂がとろけたハムの強い旨味をパンがうけとめ、青い風味のルッコラが味をまとめる。なかなか旨い。

朝から沢山歩いたせいか、お腹がすいてパクパクスゴイリズムで食べた。
あっという間にサンドイッチはほとんどお腹の中に収まる。
こんなに手軽でおいしくて、あぁ、ありがたい…、って空にかざして最後をパクリ。

そしてゴクリとアイスティー。
モンマスティーのアイスティーは苦味がおいしい。
今風のフレーバーがきいた紅茶じゃなくって、昔の味とでもいいますか…、日東の黄色の缶に入った紅茶を思い切り濃く出したのを使って作ったアイスティーのような味わい。ナツカシイ上、目が覚める。

それにしても神社という場所の特別なコト。
都心にあって駅から近く、なのに鬱蒼と茂った森を感じる境内。どこかここだけ空気が違うように感じて背筋が伸びる。キレイな水で身を清め、二礼二拍手一礼で願い事をしっかりしました。
さて打ち合わせ…、近所です。

 

関連ランキング:紅茶専門店 | 千駄ケ谷駅北参道駅国立競技場駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。