鰻の小ばやし、アルタ脇

打ち合わせを終え、昼ご飯。
場所は新宿。元気をつけようと鰻を食べる。
新宿で鰻と言えば「双葉」というのがずっと定石だったんだけど、時には違ったお店でと「小ばやし」にくる。

新宿アルタの近所にある。2、3階建ての一軒家が重なり合うように並んでる、昭和風情の一区画。ちょっと寄り付きづらくってしかも看板には「うなぎ、ふぐ、すき焼き」と贅沢料理の名前がズラリ。
この店、どんな店なんだろう…、って思っていたらなかなかの実力派だよって新宿の主のような友人が言うものだからやってきてみた。お店の中はいぶし銀。カウンターの中にこれまたいぶし銀のようなご主人。おいしい匂いが漂ってくる。

メニューをみればたしかにすき焼きやとらふぐの定食、コースが用意されてる。
けれど昼はほぼ、うな丼、あるいはうな重という内容。
お店の前に出された看板でランチ限定のうな丼が告知されてて、否応なしに鰻屋モードを醸し出してる。

まずはうな重。
それからうまきを選んでたのむ。
厨房の中に置かれた炭の焼台。
うちわをもったご主人が、バタバタ、静かに風を送って焼き上げていく。
おいしい匂いが漂ってくる。
本当の大人ならココで一杯。冷酒かあるいはぬる燗を肝焼きお供に待つところ。まだまだ子供。午後の仕事を思ってぼんやり。

まず、漬物とうまきが到着。
本来ならばこれらをつまみにうな重を待つところ、ちょっと企みがあってしばらく我慢。
長方形の塗りのお重がやってくる。使い込まれた朱色のお重。肝吸いが入ったお椀も蓋付きというのが正統派。

蓋を開けるとご飯の上にギッシリ鰻。こんがり焼けて、炭の香りの混じった甘いタレの匂いが食欲くすぐる。器が使い込まれすぎてて、ところどころの塗りが剥げてることに歴史を感じる(笑)。それもまた味…、腹がなる。

ちなみに、うまきを食べずに我慢した理由。
滋賀県に「かねよ」っていう鰻屋さんの名物。
「きんし丼」を再現したかったのでございます。
きんし丼といいながら、錦糸卵ではなく鰻の蒲焼きの上に出汁巻き玉子をのせたモノをあえてきんし丼と呼んでいる。
曰く。
錦糸卵を作るのが忙しくって間に合わず、出汁巻き玉子をのせたんだ…、というコトなんだけどどう考えても作り置きのできる錦糸卵の方が簡単。歴史は往々にして作られるというコトなのでしょう。オモシロイ。

ちなみにこれは出汁巻き玉子じゃなくてうまき。鰻の蒲焼きを芯にして焼き上げたモノで、ずっとこっちが上等かもネ…、って思ってパチリ。

茶色い蒲焼きに玉子の黄色がくわわり見た目が一層華やか。カリッと焼けた鰻の表面。ネットリとした鰻の食感。そこにふっくらとした玉子のなめらかがくわわって、ゴチソウ感がかきたてられる。

ちょっと甘めの卵焼き。焦げた玉子の香り切なく、芯の鰻がネットリとろける。
蒲焼き自体は江戸前風に蒸して仕上げたやわらかなもの。ただ、蒸しすぎてはいないので焼けた表面のこんがり感は残ったまんま。タレは甘み控えめのさっぱり系で、鰻の脂をおいしく感じる。ご飯の上にもタレをたっぷりほどこして、どこを食べても蒲焼き味になるのがステキ。
おいしいなぁ…、変わったところは何もないけど典型的な鰻のおいしさ。固めに炊けたご飯の状態もボクの好みでいいなと思った。
なにより肝吸いのおいしいコト。鰻の味に負けないように強めの出汁に千切りのネギ、大葉がたっぷり。風味豊かで口がスッキリしていくおいしさ。気に入りました。オキニイリ。

 

関連ランキング:うなぎ | 新宿西口駅新宿三丁目駅新宿駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。