鰻とだし巻き、揚げたてのカツと上等カレー

新大阪から新幹線で西に向かってのぞみで二駅。岡山で電車を乗り継ぎ津山に向かう。
小さな町ながら飲食店の競合激しい激戦地。
山陰地方と瀬戸内側をつなぐ街道の中間地点。東に向かえば神戸、大阪と阪神圏への便もよく、チェーンストアは好んで店を出したがる。そんな中でも元気な地元のお店で試食。
「本陣」という気軽な日本料理のお店。
もともとうどん屋さんからはじまって、天ぷら、寿司と徐々にメニューを増やして今に至るという。出汁が自慢でだから何を食べてもカチッと味が決まっているのがいいところ。近所にもっと気軽で安いうどん屋さんがあってもココを好んで選ぶ若い人たちがたくさんいること。うれしいなぁ…、としみじみ思う。夏のメニューからいくつか試食。

鰻とだし巻き卵のお重定食。
鰻は夏に食べたい料理。
ただ仕入れ値がどんどん上がって、気軽な値段で売ることがむつかしくなってきている料理でもある。
そこでちょっとひと工夫。
鰻ふた切れ、だし巻き卵ふた切れをタレをたっぷりまぶしたご飯の上にのっけってお重にしている。お重の蓋を開けた瞬間、だし巻き卵の鮮やか色が目に飛び込んで食欲誘う。

それに小さなうどんを一杯。口が楕円の小さな丼に入ってやってくるのだけれど、これが案外たっぷり入ってお腹が満ちる。たっぷりだねぇ…、って言ったら、ちょっと失敗しましたけれどこれもサービスということでって、鷹揚なること、地域のお店。

身厚の上等な鰻です。むっちりしていてねっとりとろける。こんがり焼けた焦げがおいしく香りも上等。
何よりだし巻き卵のおいしいコト。フルフルではなくカチッとしっかり焼かれて巻かれた卵焼き。噛むとクチュっと前歯で歯切れる。出汁の旨味が広がって、ふっくらとしたやさしい食感。タレをたっぷり、浴びるようにして色づいたご飯と一緒に食べると不思議と鰻を食べてる気持ちまでする。
麺も手作り。やわらか、なめらか。ただ最近、うどんにコシがないからと文句を言う人がいるんだという。うどんはそもそもお腹にやさしい料理だったはずなのに、憎むべきかな讃岐のうどん。しょうがないかと思うけど…。

 

関連ランキング:うどん | 東津山駅

 

姉妹店にとんかつの店がある。
そしてかつては上等カレーのフランチャイズもやっていた。
カレー屋さんは撤退し、けれどカレーのレシピは残った。本部に聞いたら、作って売ってもいいよというので、とんかつ屋さんのカツカレーを上等カレーで作ってる。
甘くて辛い最近流行りのポッテリカレー。それに合わせるとんかつは分厚く脂がのっていて、それを細めに切り分ける。噛むとムチュンと歯切れてむっちり。カレーと混じってなんともおいしい。
専門店と専門店がそれぞれ得意を持ち寄って料理を作る。いいんじゃないかとニッコリしました。さぁ、帰ろ。

 

関連ランキング:とんかつ | 東津山駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。