鯛出汁かけ茶漬けにイエゴハン

昼。仕事の合間のちょっとした時間で昼食。
場所は東京駅の周辺で、時間をかけずに何か美味しいものをと思って、それで「えん」。

場所は新丸ビルの地下一階。
食堂街というよりも、食品を販売している店が並ぶ施設のお店の1つ。向かい側にあるパンがおいしい店でと思いもしたけれど、体をみずみずしいもので満たしたくって、それで鯛の出汁かけ茶漬け。

この店、結構、いろんなところにお店を増やしているけれどこの店のカウンターは見所満点。出汁が湯煎で温められているおいしい香りのお湯気の前に客席があり、その鍋から出汁を柄杓ですくって土瓶に移す姿がなんだかやさしく、おいしく見える。

練り胡麻を出汁で割ったタレの上に鯛の切り身。
刺身のように削ぎ切った切り身ではなく、細く棒状に刻んだもので、おそらくコストを下げながらたっぷり鯛を味わって…、という工夫でしょう。
ゴマだれとの絡みも良くて、これはこれでいいなと思う。
サイドのおかずに汲み上げ豆腐のゴマだれ和えと漬物。どちらも案外おいしくて、これでご飯がたっぷり食べられてしまいそう。
なのにご飯を小盛りにしました(笑)。
まず右派ゴマだれをまぶした鯛の切り身をご飯に乗せて、軽く蒸らしてパクリと食べる。

ネットリとした食感が、関東風の鯛ならではでブリブリとした瀬戸内の鯛がちょっと懐かしくなる。
上から出汁を注ぐと切り身がチリっと縮んで白くなっていく。サラリと食べるとホロリと鯛が崩れてご飯と混じってく。
鯛の切り身が入ってたお皿に残ったゴマだれが勿体なくって、そこに出汁を直接注いで器を洗うようにしご飯の上にたっぷりかける。
この料理、鯛がおいしいわけじゃなくこのゴマだれと出汁、そして固めに炊けたご飯がおいしい料理。それらを一緒にサラサラパクパク。程よくお腹が満たされて、午後の仕事を頑張る所存。席を立つ。

 

関連ランキング:和食(その他) | 大手町駅二重橋前駅東京駅

 

夜に自宅で料理を作る。
夕方にちょっと時間に余裕があって、デパ地下に寄って食材調達をした。
豚のもも肉のほどよき厚さの切り身があって、それにパン粉をギッシリまとわす。
塩と胡椒。
オレガノ、ガーリックパウダーで風味をつけてフライパンの中で焼く。
パン粉がオリーブオイルを吸い込んで、揚がったように焼き上がり千切りキャベツをそわせて一緒にパクリと食べる。千切りキャベツには塩をふりかけオリーブオイルと混ぜてなじます。クミンシードをちょっと入れ、キャベツ独特の青臭さをなだめてしんなり、食べやすくなる。
脂をもたない豚もも肉が、パン粉衣でほどよく油をまとってしっとり。シャキシャキとした千切りキャベツの歯ざわりもよく、食欲が湧く。

小粒だけれど新鮮なホタテの柱が安くって、それを使って卵焼き。シンガポール名物の牡蠣の卵焼きのように仕上げる。にんにくとネギを炒めて香味シャンタン。ホタテの片面を焼いたらヒックリ返してそこに溶いた玉子をジャジャっと流す。しばらくずっとそのままにしてひっくり返して出来上がり。ミディアムレアに仕上がったホタテがおいしく、オイスターソースをかけて食べると中国料理の風味が増してく。
最近オキニイリのおかひじきを茹でてちくわと一緒に胡麻と醤油であえたモノ。
豆腐に釜揚げしらすと大葉をたっぷり。トマト、キュウリとロマネスコをツナの風味で味わうサラダと、今日は野菜を沢山食べた。満たされる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。