魚久のあじみせ、西京漬けと粕漬け定食

昼、おいしいごはんを食べに「魚久」。
魚の粕漬けや西京漬けの製造元。百貨店に売り場がたくさんあって、何軒か路面店があったりもする。
家の近所の四谷三丁目にも小さなお店が一軒あって、たまにそこで買い物をする。朝、整理券をもらうと買えるお得な端材の盛り合わせが人気だったりする店で、この店も一階部分には売店がある。
古めかしいショーケースの中にズラッと粕漬け、西京漬けが並ぶ。定番があって、季節の限定品があって眺めているとお腹がすいちゃう。季節のおすすめがイイダコ。おいしいだろうなぁ…、って思ってゴクリと喉が鳴る。
2階に上がってカウンターにつく。厨房の中ではご飯が炊きあがってて、あとは魚を選んで焼いてもらうだけ。

ちなみに店の名前が「あじみせ」。
自慢の味をお見せしましょう…、ってことなんでしょう。
粋でよい。

銀鱈の西京焼きの定食選ぶ。
せっかくだから、そこに鮭の粕漬けを単品でもらった。
銀鱈と鮭を同じお皿にのせてもいいですか?って聞かれて、そのとおりでお願いします…、と。
だって美味しいものが一つお皿の上で寄り添う姿って食欲さそう。たしかにやってきたお皿の景色のうつくしきこと。銀鱈のこんがり焼けた淡い茶色に鮭の紅色。はらんの緑に紅をさしたようにきれいなハジカミ、そして伽羅蕗とお皿の上がにぎやかに整っているのにうっとりします。

魚がのった器の右手に小鉢が3つ。
昆布の佃煮は甘すぎもせず辛過ぎもせずほどよい味わい。
漬物の鉢の中には小大根に紅を含ませ漬けた浅漬け。
大根の塩漬け、それからゴーヤの酢漬け。
シャキシャキにカリカリ、サクサクとそれぞれ食感違いで、気が利いている。
それから白和え。
青菜にきのこ、人参、こんにゃくとしっとりとした食感、味わい。
どれもが自然なおいしさで、ご飯のお供にぴったりなのがありがたい。
このサイドの料理にメインディッシュ。
それにご飯と味噌汁がつきひと揃え。ご飯がピカピカ。ちょっと硬めの好みの炊き加減。しかも熱々。まず一口目は何も口にいれないで、そのまま食べる。
パラッと口でちらかる感じ。甘くて香りがフワッと口に広がり鼻から抜ける。

それにしても西京漬けとか粕漬けとか。旨味成分をたっぷりもった味噌や麹に漬け込んだ魚のおいしいコト。
味が魚の中に入り込むだけじゃないのです。魚が含んだ水気が塩の力を借りて適度に絞り出されて、身がしっかりとなっていく。銀鱈はプルプルに、鮭はカチッと身がひきしまり、魚時代の味も濃密になっていく。ご飯のおかずにぴったり、旨い。
味噌汁も出汁がしっかりきいておいしく、ハフハフパクパク。あっという間にお膳の上の器はみんな空っぽになる。オキニイリ。

 

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 東銀座駅銀座駅銀座一丁目駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。