香港麺のち、デンマーク式のチーズケーキ

ten-yodaretenki神戸でランチ。
行かなきゃいけないお店があります。

香港にいけばどんなところでも食べることができる当たり前。
けれど日本では、神戸に来なくちゃ食することができない料理。
香港麺を食べるため。
「天記」に来ます。
東京のボクの家の近所にも香港麺を売り物にした店があるけど、この店の香港麺を食べるとどこか物足りなくて、それでやっぱりココに来る。

南京街のほど近く。カウンターだけの小さな店でありながら、厨房は本格的でココで麺だけが作られるというのはもったいないほど。

2人で行って麺を2種類。
ひとつは汁なし。
四川料理の名品のひとつ、よだれ鶏をのっけた料理をたのむ。
シットリとした鶏の肉。ビリリと辛く、しかもしっかりしびれるタレがたっぷりからんだ平打ち麺。
平打ながら細めでスベスベ。しかも噛むとムチムチしていて麺そのものに味わいがある。
タレの旨みも重厚で、だから辛くて痺れているのにスルスルツルツル、次々口に運びたくなる。オモシロイ。

tenz3tenz2tenz1

それから目当ての蝦雲呑麺。極細麺で、軽い縮れが口の中で暴れる感じ。しかもザクザク歯切れる感じも痛快で、こんなに細いのにこの存在感はスゴいよなぁ…、って感心します。
透き通ったスープは複雑。甘み、旨みにときおり軽い酸味を感じ、何をどうしたらこんな味になるんだろう…、って思い始めるとココロ穏やかに慣れぬので、ただただこれはおいしいんだ。それでいいんだと思いながらゴクゴクズルズル。
エビが丸ごと入ってムチュンと歯切れるワンタンも上等で、ペロンと包んだ皮がとろけて口一杯がエビになる。一心不乱に味わって気づけば器はすっかり空っぽ。また来なくちゃって思う店。

 

関連ランキング:広東料理 | 元町駅(阪神)元町駅(JR)旧居留地・大丸前駅

 

nankinそれからブラリ。
南京町を散歩する。
いつもニギヤカナ街ではあるけど、今日はたまたま修学旅行の生徒が街に溢れてる。
だからいつもと違ったニギワイで、それもまたよし。
極彩色の町並みに、青い制服が溢れて一層、極彩色になっていく。

店の表に出ている屋台で、点心買ったりアイスクリームやかき氷。
買ったはいいけど移動の時間の前に全部食べてしまわなきゃいけないルール。
一生懸命食べてる姿が可愛らしい(笑)。
豚まんで有名な老祥記にはいつも通りの行列で、通りを歩くと片言日本語のおばさんたちがおすすめする声ニギヤカで、バイタリティーを感じて再び移動する。

kan1kan2一緒に今回旅してる友人が行きたいお店があった。
おいしいチーズケーキの店で、ひさしぶりに食べてみたいというので探す。
「観音屋」という不思議な名前の喫茶店。
創業者が観音様が大好きで、その御利益をお客様みんなに感じてもらいたいという気持ちで、お店に観音様を飾ったコトからその名前。
オモシロイねぇ…、といいつつ探して、見つけてお店に入ったら、なんと今でも観音様がいらっしゃる。

にも関わらずお店の中にはクリスマスツリーが飾られ、観音様とキリスト様がこうして平和に同居する。
宗教に対してこれを寛容といえばいいのか、それとも無節制と言えばいいのかわからないけど、世界がこんな日本のような無節操で満たされていたらもっと平和になるのになぁ…、って思ったりした。

kan-c3kan-c2kan-c1

チーズケーキがやってきて、それが熱々。しかも薄い円盤状というのにちょっとビックリ。
丸いスポンジ。硬めでザックリ仕上がっていて、パンとケーキの間のような食感してる。上にタップリチーズがのっかり、ナイフできるととろけてナイフにくっつきベロンと伸びる。チーズトーストみたいでもある。
食べるとほのかに甘くて酸っぱい。チーズの旨みがドッシリしててしかも熱々。
おいしい。今まで食べたどんなチーズケーキとも違ってて、薄切りにしたパンにレモンカードを塗ってチーズを乗っけて焼いた…、そんな味わい。あっという間にお腹に収まるおいしさに、気に入りました。オゴチソウ。

 

関連ランキング:ケーキ | 元町駅(JR)元町駅(阪神)みなと元町駅

コメント

  1. みるみる

    神戸の美味しいものばかり召し上がりましたね!
    憧れのA-1、オリエンタルホテル…
    いつか行きたいと思いながら、踏ん切りがつかずなかなか行けないお店です。

    南京町の老祥記はあまりにも有名ですが、広場を挟んだ斜め向かいに系列の豚まん屋さんがあるのをご存知でしょうか。
    こちらは餡に椎茸が入っていて、本家よりも味が濃いめ。私はこちらの方が好きなのですが、あまり知られておらず、並ばずにすぐ買えます。バラ売りもしてもらえるのでおやつにぴったり。
    また次回、ゆっくり神戸に来られた時にはお試しください!

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      みるみるさん
      神戸って一泊では足りない街だと今回、しみじみ感じました。
      なにより食の文化の豊かでしかも洗練されていること。大阪とも京都とも、東京ともまるで違った豊かさがあって、今度来るときはユックリ来たいなぁ…、って思いました。
      ご指摘の豚まん屋さん。
      ぜひ、行ってみます。ありがとうございます。

  2. たばきち

    複数の宗教の宗教家が集まる会合などでは、仏教家が議長になることが多いと、お寺さんの家系の子に聞いたことがあります。

    仏教は他宗教に対して、肯定的に寛容だからだとか。

    いい話だなあ、と思いました(笑)

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      たばきちさん
      宗教が俗世をとりこむのでなく、俗世の傍らに宗教がある。
      日本人の宗教との付き合い方そのものが、やさしく寛容なのかもしれませんね。

  3. にゃおにゃん

    ちょうど神戸に野暮用あり、行って食べて来ました!お腹空いてないけど移動の時間合わせにと、ちょっぴり残しましたが、思ったよりスルスル入って美味しかったです!海老好きの私にはとても良い雲呑でした。
    夙川と芦屋でパン屋を数件周り満足な一日となりました。お陰様です。ルミナリエ、本日スタートです。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      にゃおにゃんさん
      このときに泊まったオリエンタルホテルの斜向かいがちょうどルミナリエのスタート地点。イルミネーションのフレームが出来上がっていて、ココに明かりが灯ったらどんなにきれいだろう…、ってイメージしながら散歩していました。
      明かりが灯る季節になったんですね。
      お腹が空いているわけではないのに食べたくなっちゃう料理が神戸にはたくさんありすぎて困っちゃいます。シアワセな街…、大好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。