香港麺で土曜日の夜

夜、近所で夕食。ひさしぶりの「新記」に来てみる。
いつもにぎやかなお店です。四谷三丁目の交差点の角に立ってるにぎやかなビル。食べ放題の焼肉屋さんがあったかと思えば叙々苑があり、鉄板焼の店やらカラオケボックスやらとテーマ性もへったくれもないテナント構成。
ネオンサインもにぎにぎしくて、アジアな感じが香港麺をあつかうこの店のロケーションとしてはピッタリ。
お店のムードも気軽でたのしい。
まずプーアール茶をもらってお腹をあっためて、食べる準備をお腹にさせる。香港の気軽な料理が気軽にたのしめるのがうれしい店で、中でもオキニイリなのが伊府麺を野菜と一緒に中国醤油とオイスターソースで炒めて仕上げた食感たのしいおゴチソウ。麺の歯ごたえがよくってしかもシャキシャキとした野菜の食感がなんともニギヤカ。

小皿料理が30種類ほど。
好きなものを3つ選んで1000円ちょっとというシステムがありがたくって今日も注文。
いつも必ず注文するのは大根餅と揚げワンタン。
大根餅のねっとりとした食感とこの正体が大根だとはなかなか思えぬ味わい、風味がたまらぬ好物。
エビのすり身をたっぷりくるみ、薄い生地がパリパリになるまで揚げた揚げワンタン。
すり身が膨らみ包んだところは生地がパンパン。出目金みたいな形になって揚がってて、しっぽのところはパリパリサクサク。
壊れて崩れて口の中をにぎやかにする。
揚がった生地の香り濃厚、香ばしくエビの風味を引き立てる。
もう一種類はちょっと迷って海南鶏を選んでみた。蒸した鶏の胸肉に醤油のタレに熱したネギ油。辛子味噌をたっぷりかけてきっぱりとした味にしている。鶏臭いとイヤだなぁ…、とビクビクしながら食べたんだけどしっとりとした肉はいい意味で特徴がなくてボク好み。

料理を2つ。
イカのフリッタっていうのがあって、気になりたのむ。
天ぷらのような衣をつけて、サクッと仕上げたたしかに見ようによってはフリッタ。
イカは小さなコウイカで、一匹まるごと。足のところはサクサク、口の中で破裂するような食感で、胴体部分はムチュンとなめらか。
イカリングともイタリア風のフリッタともまるで違ったイカの食感というのがたのしい。山椒塩で食べるというのも中華的。
もう一種類はつぶ貝とにんにくの茎の炒め物。一口大に切り分けたつぶ貝がパリッと歯ごたえたのしくて、一方にんにくの茎はシャキッと歯ざわりオモシロイ。味はオイスターソースにトーチ。濃厚味で、揚げたコウイカを浸して食べるとまたおいしい。

それからここの一番人気の香港麺。具材を全部のせにして注文しました。
エビワンタンに窯焼き叉焼、煮た牛バラ肉に青梗菜。スープはちょっと濁った鶏ガラ。塩で味が整っていて、具材の味が染み出し味を複雑にする。
揚げたエビワンタンと同じモノ?って思えるほどにエビのすり身の存在感が力強くて生地はトゥルンとなんともなめらか。プリンとはぜてスルリと喉の奥へと生地が流れ落ちていく。
叉焼は端の部分も一緒に入って中華スパイスの風味がおいしい。牛肉煮込みは五香粉の香りが本格的で、ホロリとほぐれるやわらかさ。
極細の麺がザクザク歯切れて口をニギヤカにするのがうれしいオキニイリ。スープもゴクゴク飲んでお腹を温める。

 

関連ランキング:飲茶・点心 | 四谷三丁目駅曙橋駅信濃町駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。