餃子の大陸

金曜日、仕事を終えた時間が4時半。
朝食を食べた時間が早めの時間。それでちょっとお腹が空いた。
しかもなぜだか無性に餃子を食べたくなって「大陸」にくる。
新宿に昔からある手作り餃子の店で、4時からやっている。日が暮れてしまうといつも予約で満席。今なら平気か…、と覗いてみたらおじぃちゃんが一生懸命餃子をくるんでいる最中。
予約してないんですけどって言うと、1時間くらいなら平気ですよ…、って言われて座ってテキパキたのむ。
餃子専門というわけでなく、中国料理のお店だけれど餃子が人気という店。餃子を作るのにちょっと時間がかかりますからというのでまずは一品料理。トマトと玉子の炒め物にもやしのカレー炒めをたのむ。

酸味の強いトマトを切り分けニンニク、ネギと一緒に炒め溶いた玉子を注いで炒める。
玉子が油を吸い込んでチリヂリによじれるようになって仕上がる。
玉子の甘みとトマトの酸味。
油のの旨味がひとつになって口を潤す。オキニイリ。
もやしを炒めて最後のカレー粉。もやしから出た水気をみんなカレー粉が吸い取りカラッと仕上がる上にカレーの風味がなんともおいしい最高クラスのビールのお供。
餃子が仕上がりやってくる。手作りだから不格好。皮が集めで揚がったように仕上がる餃子。おいしいかっていうともっとおいしい餃子が他にも沢山あるけど、なつかしい味。それでよし。

最近な生ビールより瓶ビール派。自分のペースでたのしめるのと、差しつ差されつな感じになるのも大人な感じ。ここはなんとエビスビールの瓶だったりして、一層大人な感じでグビリ。
エビ春巻きをバリッとかじる。香りが独特で、アメリカのフードコートのチャイニーズバフェで売ってる春巻きみたいな感じ。オモシロイ。揚ワンタンは皮がえびせんみたいな感じで、ビールが進む。
ボクらの向かい側のテーブルでは中国語での会議中。
どうも近所に飲食店を出店予定の人たちみたいでアジアな空気にニッコリしました。外はまだまだ明るい酒盛り…、悪くない。

 

関連ランキング:餃子 | 新宿西口駅新宿三丁目駅西武新宿駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。