飯泥棒を作って、坂内の冷たいラーメンで一日の〆

スーパーに細切りにした昆布を売ってた。
端材扱いなんでしょうネ…、びっくりするほど安くて買った。
ただ大量でどうやったら使いきれるかと思って、そうだ。昔、よく作ってた飯泥棒を作ってやろうと思ってえのきと白菜を買ってじっくり時間をかけてのんびり料理を作る。
まずえのきをこんがり焼きます。
軽く油をひいたフライパンで塩水にくぐらせたえのきをドサッとじっくり弱火でこんがり。焼いてるうちに水分を吐き出しどんどん小さくなってく。カサカサ、フライパンをくすぐるような音がしはじると白かったえのきの表面はキャラメル色に色づいて、おいしい香りが漂ってくる。
そこに昆布を入れて炒める。ただただひたすら粘りがやってくるまで炒め、刻んだ白菜を入れて今度は日本酒注ぐ。後はひたすらぐるぐるかき混ぜて白菜にこんがりや黄色がつくまで焼いたら最後に醤油で風味をつけて出来上がり。
全体に昆布のとろみがついてぽってり。焼いたえのきは不思議なほどに旨味が強くスルメやホタテのような香りと風味を吐き出す。白菜で作った松前漬けのような感じで冷やすと本当においしい。ボクが出張に出る前にたまに作って冷蔵庫の中に入れておいた。タナカくんは一人になると食べるものに頓着しなくなる性格で、野菜をたっぷり食べてほしくて作ってた。2、3日して帰ってくるとほとんどなくなってたから好きで食べてくれてたんでしょう。
一晩休ませ明日のご飯の足しにしようと冷蔵庫。

晩ご飯を外で食べようと坂内に来る。
喜多方ラーメンの専門店。とても気持ちのいい店で、小さいながらもテーブルの間隔はゆったりしていて、テーブルの上は整っている。調味料の容器もピカピカ。若い人たちがニコニコしながら働いているのがオキニイリ。
それにしても今日は朝も昼も夜も麺。糖質摂取のことを考えればあまりよろしくない食べ方で、でもこんな日があってもいいよね…、と思って夜も麺にする。
特徴がないことが特徴のようなおだやかな味わいの喜多方ラーメン。ただここで一番好きなのは「和風冷やしラーメン」で、特に寒いときほどおいしく感じるところが不思議。そう言えば韓国の冷麺も寒いときに温かい店で食べると一層おいしく感じたりする。オモシロイ。

透き通った鶏ガラスープに醤油の風味。
氷がプカプカ浮かんでいてその氷の表面に油がひとつも浮いていない。
にもかかわらずしっかりコクと旨味があるというのにいつも惚れ惚れしながらスルンと一口、ひとすすり。
幅広で縮れた麺がチュルンと口の中に飛び込み、スープの旨味や風味が口に広がっていく。
冷たい。なのにお腹をたしかにあっためる。
この冷たいラーメンを一層おいしくしてくれるのがシャリシャリ玉ねぎ。
粗みじんにした玉ねぎなんだけど、これが本当にシャリシャリでスープをたっぷり飲み込み口に流れ込む。ほどよい辛み。みずみずしさに噛んでるうちに甘みが出てくる面白さ。

トッピングに叉焼がついてくる。煮た叉焼で冷たい状態。脂はしっかりついているけど、それが脂っこいとは感じぬところが良くできている。
口に含んで舌に乗せ、しばらくおくと脂がゆっくり溶け始めねっとりとろけて行くのがおいしい。ラーメンの上に乗せると余計に冷たくなるからトッピングじゃなくおかずのようにして食べる。
追加で煮玉子。これはラーメンの上にのっけてキリッと白身をさせてパクリ。黄身がとろけて口の中を撫でる感じがオゴチソウ。
途中でお酢をたっぷり注ぎ、お腹をスッキリさせてお家に帰る。野菜不足はさっき作った飯泥棒の味見をすることで解消しましょか、月曜日。

 

関連ランキング:ラーメン | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

コメント

  1. batten

    温製でも、今時の濃すぎる豚骨や背脂タップリが食べれない還暦前です。
    外気温は冷えてても温かい店内でやる冷やしって私も好きですよ。
    丼に入れてるのは酢でしょうか?健康的ですねぇ。

    • サカキシンイチロウ

      battenさん
      お酢を入れると不思議なほどに味が変わるんですよね。酸っぱさよりも甘みを感じさせてくれるところがオモシロイ。
      喜多方ラーメンは毎日でも食べたくなる…、というのが謳い文句ですが、まさにそんな感じのおいしさです。

  2. うりぼう

    私もこちらのお店すきです。特にチャーシュー麺が。笑
    こちらの飽きのこないスープと、中太のちぢれ麺と、とろとろチューシューを思い出しては、時々無性に食べたくなります。

    そして、笑顔で感じのいい接客。
    坂内さんは、他の店舗でも皆さん感じがいい方が多くて、私もそこが気にいっています。

    サカキさんのブログを見ていたら、久しぶりに坂内のチャーシュー麺がまた食べたくなりました。

    • サカキシンイチロウ

      うりぼうさん
      丼いっぱいにまるで花が咲くように叉焼が敷き詰められているようなチャーシュー麺ですよね。
      スープを吸い込んでとろけるような感じ。ボクも好きです。
      それにワンタンを追加して、生地がペロペロするのを合わせて食べる。お腹いっぱいをたのしめます。

  3. 龍たろ

    暖かい所で冷たい麺
    炬燵で濃厚アイスクリームが最高!
    って言うのと同じような感じでしょうか(萌)

    特徴がないのが特徴なラーメンって
    今は少なくなりましたよねぇ…
    豚骨系はお腹を壊すので
    穏やかなラーメンが好きです

    • サカキシンイチロウ

      龍たろさん
      ボクもたまに豚骨系を食べたくてしょうがなくなり、手を出すことがあるのですが、必ずお腹を下げてしまって後悔します。
      世の中、サステイナブルであることを目指そうといいながら、刺激的で一瞬の美味しさに注力した食べ物が生まれてはたちまち消費されつくされて飽きられていく。
      不思議だなぁ…、って思っちゃいます。

  4. junchan

    サカキさん
    切り昆布の飯泥棒、美味しそうですね。材料は切り昆布、えのき、白菜、日本酒、醤油ですね、今度作ってみます。我が家ではちくわ、人参と一緒に煮ものにします。

    • サカキシンイチロウ

      junchanさん
      白菜を使わず切り昆布にえのき、ちくわ、ニンニク、赤唐辛子に日本酒、醤油。
      これが最強の飯泥棒なんですが、野菜を食べなきゃと白菜をいれることを思いつきました。おいしいです。

      • junchan

        サカキさん
        最強のレシピ、ありがとうございます。今度、切り昆布が手に入りましたら作らせて頂きます。

        • サカキシンイチロウ

          junchanさん
          ご飯を一杯炊いておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。