顎を使うステーキをおかずに飯を鉄板で焼く…。

今日も肉を無性に食べたい。それも牛肉。しかもステーキ。
そろそろいきなりステーキが営業再開しているはず…、とそれでまずは家の近所のお店に行った。
そしたらそこは休業中。新宿二丁目の店はやってるというので歩く。
昨日、ぼんやり歩いた道を、今日はガンガン足早に目的もってしっかり歩く。その目的がいきなりステーキというのがなんだか愉快で笑う。
ビジネスモデルとしてはよくできていると思うのだけど、立たせた上にナイフフォークを使わせるというキャッチーな肝心の部分が好きでなくってずっと行かずにすませてた。ただ座れるようになってからは、無性に顎を働かせたくなったときにやってくる。開店とほぼ同時だったからお客様はまだ少なくて店はガラガラ。一番奥に厨房があり、そこではランチの売り物のワイルドステーキや乱切りステーキをガンガン焼いてた。

カウンターの仕切りの上には調味料。
食べ方だったり、鉄板の交換のサジェスチョンだったり貼り紙だらけで見ていて疲れる。
ああしろ、こうしろと言われてなくても食べ方がイメージできて、普通に食べれば普通においしい料理が本当はいい料理なんだけどなぁ…、って思ったりする。
アンガスビーフのサーロインステーキを300g焼いてもらった。
塊肉。しかもある程度の厚みのある肉を焼いてもらうから、ちょっと時間がかかります。ミディアムレアでお願いし、やってきた肉をみて、あぁ、もうすでに焼きすぎだなぁ…、って思って切ってみる。ナイフを入れた直後の感触がずっと続いて鉄板到達。断面みると、アメリカ的なミディアムレア。日本でいうならウェルダン的でまぁ、しょうがない。そもそもブラックアンガスはよく焼いた方がおいしくなるように感じるお肉。

顎にガツンと分厚い肉があたって潰れる。クチャっと潰れるといいたいところ、脂はほとんどなくて繊維が強い。だからバッサリした食感で肉汁乏しく旨味も弱い。胡椒をたっぷり、醤油を注いでタバスコかける。ハーフご飯をお供にして、まだ鉄板が熱々のあいだにご飯をのせてコーンと混ぜて炒めご飯風にする。
あらかじめ肉を刻んでナイフはおいて、フォークで炒めご飯を口に運んで肉をおかずにして食べる。
肉を食べたくてしょうがなくってやってきたいきなりステーキで、結局、一番おいしいやって思ったのが刻んだ肉と一緒に食べる炒めご飯。これならペッパーランチのペッパーライスを食べれば良かったって思ったりもした。オモシロイ。

 

関連ランキング:ステーキ | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

 

いきなりステーキの近所にあるタリーズ。比較的古くからあるお店のひとつで、数あるタリーズの中でものびやかな空間といい新宿御苑を間近に感じることができるロケーションといい、格別に気持ちいい店。ずっと前からオキニイリ。

食後のお茶を飲もうと思ってやってくる。
来るたび、タリーズの店先は騒々しくなっている。コーヒーの専門店であることに違いはないのだけれど、アイスクリームに力を入れたり、サンドイッチにスイーツ。パスタにパンにブラウニーとフードメニューへの注力ぶりは半端ない。
タリーズ=コーヒーというイメージがまだあってくれるからいいのだろうけど、その前提を棚上げすれば何屋かわからぬ混乱ぶり。スターバックスとの差別化の中で、結局、彼らがやらぬコトを一切合切引き受けました…、という感じ。しょうがなかったに違いない。中でもホットドッグはわざわざ「ボールパークドッグ」と名付けて、名物料理に仕上げようと一生懸命。ひさしぶりに食べてみる。

ボールパーク…、つまり野球場。そこで売られるホットドッグをイメージしましたということなんでしょう。確かに野球場で食べるホットドッグは不思議とおいしい。ビールのお供にもいいし、ソーダドリンクとの相性もよい。ただホットドッグと一緒にコーヒーを飲もうって具合にはなかなかならない。コーヒーを売りたいタリーズ的にはいささかなやましいところ。
プレインドッグにケチャップ、マスタードが別添えで左右に細かくちらして仕上げる。
ソーセージはおいしい。けれどパンのペトペトした食感がちょっと苦手。パンの風味や噛みごたえ、味はおいしい。でもソーセージより威張った感じがするのがもったいない。風味豊かなアイスラテはスターバックスより好きかもしれない…、オキニイリ。

 

関連ランキング:コーヒー専門店 | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。