頂上麺の土鍋焼きそば、筒のTsuTsu

東北から東京駅に戻って夕食。キッチンストリートの「頂上麺」。
たまに無性に来たくなる。
メニューはフカヒレスープをふんだんに使った麺がほとんどという超専門店。オンリーワンなお店でござる。
日本における麺の店は「麺のコシや食感、風味」に必死にこだわる。けれどここのこだわりはフカヒレスープ。そのスープを最大限においしく食べる道具として麺を使いこなすという料理。
だから厨房の中ではずっと調理人がスープを炊いてる。大きな鍋でスープをグツグツ、フカヒレをいれとろみをつけてオイスターソースや胡椒で味をととのえる。ガラス一つで仕切られた厨房は蒸気で曇り調理人の腕や額には汗が滲んで、あぁ、大変な仕事なんだな…、としみじみ思う。土鍋でスープと麺をグツグツ煮込んだ頂上麺が一番人気。けれどボクがここで一番好きなのは「土鍋焼きそば」。

焼いて蓄熱させた平たい土鍋に麺を置く。
蒸した麺を多めの油の中で半ば揚げるようにして焼き上げた麺も熱々。
器も熱々。
小さな柄付きの土鍋に沸騰させたフカヒレスープ。
それを麺の上にとろりとかけてテーブルサイドで仕上げる料理。
スープをかける前の器からばバチバチ麺が焼ける音。
スープをかけた途端にジューッと湿った音がして、器の中から水蒸気。ずっとグツグツ、スープが小さく沸騰しているというのがステキ。
焼けた麺はパリパリしてる。フカヒレスープをかけた直後はそのパリパリとスープのとろみが一緒に口へとやってきて、噛むと麺が奥歯のところで壊れる音がするのがたのしい。

そのパリパリも、時間がたつとスープを吸ってぽってりしてくる。麺の食感を台無しにして、代わりにスープがどっしりとした重さと硬さを手に入れる…、そんな感じのオゴチソウ。黒酢をかけると風味や味が劇的にかわるところもまたオモシロイ。
沸騰していたスープも徐々に温度が下がっていきます。それに従いドレープのようなシワがでてくる。フカヒレのコラーゲン質がとろみを作り、冷えるとこうしてシワとなる。シワをなくしたくって女子が熱狂するコラーゲンも、冷めればシワになるというのがオモシロイ(笑)。
キッチンストリートには日本に珍しい鍵付きが作られていてレジの脇に置かれたコインで鍵が開く仕組み。お守りがわりに今日ももらった。財布の中に入れとくと、安心できます。満たされる。

 

関連ランキング:中華料理 | 東京駅大手町駅日本橋駅

 

最近、水筒を持って歩いてる。
アシストオンって言うオキニイリの生活雑貨の通販サイトで買った水筒。
「TsuTsu」って名前。
名前の通りストンと、筒状。ヘアライン仕上げの渋い光沢あるステンレス。ひんやりしていて、なのに不思議とあたたかさを感じさせてくれる質感。
シャープだけれどやわらかで、しかも木製のキャップがついてる。外すとそれがコップのなる。
ごくごく飲むなら、口をじかにつけ飲める例えばペットボトルの方が便利で、でもそれだと気づけば飲み過ぎちゃってる。
立ったままじゃなく、飲む場所見つけてコップを置いて中身を注ぐ。保温性の高い水筒だから、熱々、あるいは冷え冷えをコップ一杯分だけ飲んでホッと一息…、って言う飲み方、楽しみ方がちょっと特別。背筋が伸びる。
ただ難点は口が小さいから氷を入れるのに難儀するとこ。大きな氷は洗って小さくすべすべにしてカランカランと中に収める。そんなひと手間も慣れるとたのし…、オキニイリ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。