頂上麺でふかひれ焼きそばシュウマイ付き

東京駅のキッチンストリート。
手に届く値段でちょっと贅沢で独特の料理を気軽にたのしめるレストランが並んだ食堂街にある「頂上麺」。
たまに無性に来たくなる。
まこと不思議な料理です。頂上麺という店名そのままの料理が名物。「麺」といいつつ、熱々のスープの中でグダグダになり、悪く言えばのびてしまった細麺でお世辞にも麺がおいしいとは言えない料理。
実は「フカヒレスープ」が真の売り物。クタクタになった細麺がとろみのついたスープと一緒になって口にやってくるのをふかひれに見立てて味わう…、というのが頂上麺を味わう醍醐味。他にこういう料理は少なく、ハマるとたまに思い出し、こうして食べに来てしまう。

土鍋煮込みの頂上麺が一番人気。
だって店名がそもそも頂上麺でござりますほど。
けれどボクがここで一番好きなのは「土鍋焼きそば」。ちょっとばっかりへそ曲がり(笑)。

焼いて蓄熱させた平たい土鍋に麺を置く。
蒸した麺を多めの油の中で半ば揚げるようにして焼き上げた麺も熱々。
器も熱々。そこに土鍋に入れて沸騰させたフカヒレスープをジャジャっとかけてバチバチさせて、テーブルサイドで仕上げる料理。焼けた麺はパリパリしてる。
フカヒレソースをかけた直後はそのパリパリの麺とスープのとろみが一緒に口へとやってきて、噛むと麺が奥歯のところで壊れる音がする。耳の奥にパリパリ音が響くところがおもしろたのしい。

そのパリパリも、時間がたつとスープを吸ってぽってりしてくる。
麺の食感を台無しにして、代わりにスープがどっしりとした重さと硬さを手に入れる…、そんな感じのオゴチソウ。平たい土鍋の温度はずっと高いまま。だからしばらく土鍋の上の麺やスープは熱々で、そのまま口に入れるとハフハフ、舌がお手玉する熱さ。でも熱さがおいしく、ふうふうしながらハフハフ食べる。途中でちょっと味に変化をつけてやる。
器に少々取り出して胡椒をパラリ。胡椒がスープに甘みをくれる。続いてそこに黒酢をかけると酸味がコクに変わってく。

そのうちゆっくり、沸騰していたスープが温度を下げていく。
ブクブクしていたスープが表面しずかになって、ドレープのようなシワがでてくる。
フカヒレのコラーゲン質がとろみを作り、冷えるとこうしてシワとなる。
美肌に夢中な人たちがひたすら摂取するコラーゲン。冷たい水に使ったらシワになっちゃうとしたら夏のプールは絶叫まみれ。クスッと笑う。
フカヒレシュウマイをお供にもらう。
なめらかにした挽き肉に小さなフカヒレが混じってそこだけスベスベするのがたのしい一品。汗をかきかきキレイに食べる。
それにしても夜もにぎやか。普通のラーメン店は夜の集客に苦労する。けれどここは麺を売りつつ、ラーメン店とは認知されない。麺をたくみに利用したフカヒレ料理の店だから、夜に女性を惹きつける。おじさんのボクも惹きつけられる、中華系の麺の中で5本の指に入るであろうオキニイリ。

 

関連ランキング:中華料理 | 東京駅大手町駅日本橋駅

コメント

  1. 食欲

    おいしそう、おいしそう、おいしそう!!食べたい!何なんでしょうか、この鍋の中でトロミのついたスープがぐつぐついっている姿の魅力的なこと!味的にもおいしいだろうって事はもう確信できるのだけど、何が魅力的ってこの熱そうなこと。私、将来食道がんなんかになるんじゃないか、と心配するくらい熱い食べ物が大好き。だからこの見た目にもうノックアウトです。
    思えば初めてこちらにコメントさせていただいたのも、たしか太い生のフェトチーニパスタがたっぷりのトマトクリームソースでぐつぐつ煮られているパスタをサカキさんが紹介された時だったと思います。つくづく熱いものに反応しているなー、と我ながらあきれております。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      食欲さん
      ボクも熱い料理が好きなんですよね。
      「食道がんになっちゃうかもしれない」という心配と戦いながら、味噌汁も熱々にして飲んじゃうし石鍋の中でグツグツしている食べ物に強烈に反応してしまいます。
      しかも寒い季節です。
      小さく沸騰する食べ物の動画を待受画面にしたいくらい。体をあっためて、師走の忙しさを乗り切りましょう。年が明けたら熱々のお雑煮。お腹がなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。