雨の渋谷でタコベル、美々卯のうどんすき

渋谷でしばらく書き仕事。雨がポツポツ降ってきて、雨から逃げてまどう人たちで渋谷の街は大忙し。喉が乾いた感じがして、それでタコベル。ドクターペパーを飲みたかったのでござります(笑)。

taco1taco-dpリフィルフリーのディスペンサーにドクターペパーのロゴがあるのは、カールスジュニアも同じこと。
後発アメリカファストフードの共通項…、のような感じにニッコリします。

お店の中にはおそらくボクと同じ年齢のおじさまたち。ビール片手にタコスを語る。
曰く。
アメリカに行ったときにはお世話になった。憧れの地でハンバーガーを食べて喜ぶのは素人臭くて、日本じゃ当時食べられなかったタコスを食べて悦に入ってた。タコベルよりもデルタコの方がスパイシーで良かったよね…、とみんなで笑う。
ボクら世代にとってアメリカは憧れの国。その国の食べ物はみんな憧れあふれるものだったけど、今の若い人たちにとってのアメリカはどうなんだろう…、って思ってぼんやり。

taco-twotaco-tacotaco-potato

せっかくだからタコスも食べた。トゥータコスっていうココの一番の売り物のモノ。一つはバリバリ、焼いたトルティア。もう一枚はソフトタイプのトルティアでそれぞれ牛肉のタコミート、チキングリルを挟んで食べる。
バリバリタイプのトルティアが案外おいしく、なによりおやつにピッタリでいい。
フライドポテトかナチョスがサイドに選べてフライドポテトをたのむ。これがサクサク、存外おいしく、夜のおやつに相成った。

 

関連ランキング:メキシコ料理 | 神泉駅渋谷駅

 

mimi1mimi2mimi3

それから会食。美々卯を選ぶ。
実はかなり困りました。お店選びのお題が「渋谷でしんみり話をしながら鍋を突きたい…、しかも2人で」というモノで、これがかなり難しかった。ワイワイ騒ぎながら鍋をつつける居酒屋は結構あるけど、大人のお店はかなり少ない。
もしかしたらニューヨークで寿司屋を探す方がずっと簡単かもな…、と悩んでそれでうどんすき。同じような考えの人も多いのでしょう…、大人がズラリと行列作る、繁盛ぶりにもビックリしました。

mimiumimi-udon前菜料理をたのしみながら酒を一献。
それからやおら、鍋がやってきてうどんすきが作られる。
鍋の中には出汁がタップリ。
食べる前から香りがすでにおいしくて、店の中にあふれる出汁の香りにむせる。
冷たい雨が降る今夜にはなんともピッタリ。

お重の中にギッシリ麺と具材がキレイに詰まってやってきて、まずはうどん。
太めの麺を鍋に移して、具材を上にのっけてく。
一人前分を作ったらあとはご自由にとお店の人は帰ってく。
ここは「鍋奉行」ならぬ「うどん奉行」にならなくちゃ…、と具材それぞれの食べごろ探って取り分ける。
具材多彩で、うどんがなければ関西風の寄せ鍋でしょう。
ハマグリ、鶏肉、エビに穴子。
季節の具材の牡蠣を追加して、そこに野菜があれやこれやと。大根、白菜はあらかじめ味を加えて煮上げたモノで、だから軽く熱が入ったら食べられる。
グツグツ煮込んで出汁をうどんが吸い込んでいく。やわらか、そしてなめらかで煮詰まっていっても決して出汁が壊れない。塩辛くもなっていかないところはうどんが塩を含んでいないから。こんなとこにも柔麺文化が息づいている。やさしくお腹が満ちてニッコリ。明日から出張。がんばろう。

 

関連ランキング:うどんすき | 渋谷駅神泉駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。