雨の日のおむすび、雨の朝のマキアート

雨が降った朝。
家を出たらほぼやんでいて、西の空が明るかった。昨日は霞んで見えなかった都庁の頭が今日は見通せ、新宿まで歩いて行こう…、と家を出た。
地方出張に出ると車移動で足を使わない。
体がちょっと重たく感じてテクリと歩く。そしたら雨がまた降ってきて、それも構わずテクテク歩く。
初冬の雨に濡れていこうか、初老のオヤジ(笑)。景気付けにビートルズのレインを歌って、シドのレインから大江千里のレインにつなぎ、岩崎良美のレインを歌いはじめる頃に新宿二丁目に到着。
お腹が鳴った。開店直後の「リッツボン」に飛び込んだ。おむすび専門のご機嫌な店。

おひさしぶりです…、って言ったら明後日から1週間ほどお休みなのヨと。
磁気婚式を記念して海外旅行にいくんだという。
オメデトウ、オカゲサマなんて言葉を交わし合い、それをきっかけにいつも以上に世間話の花が咲く。
夜はスナックという店の大きさ、設え、ムード。なにより目の前で料理が作られていてく気配が人の気持ちを開かし、あっためる。
いいなぁ…、いつかスナックやりたいなぁ、なんて思って料理を待った。
いつもは梅とスパムを一個づつ。ところが今日は自家製明太子があるというのでそれもたのんでおむすび3個。甘い卵焼きと鳥の唐揚げを2個づつもらい、汁をたのんでひとそろえ。野菜のピクルスがお皿のサイドを飾ってにぎやかな朝。

生のタラコを酒であらって昆布や唐辛子に漬け込み仕上げた明太子。粒が細やかでご飯と一緒にホロホロちらかる。ピリッと辛い。けれどやさしい味わいで、なんでも作ろうと思えば作れるんだ…、っていつもの便利を反省しちゃう。
胡椒をたっぷりご飯に混ぜてマヨネーズをたっぷり挟んだスパムおむすびはここで1番のオキニイリ。すっきり辛くて酸っぱい梅のおむすびで口がすっきり。お腹もすっきり、オゴチソウ。今日の味噌汁はマッシュルームとうどんの汁。田舎にいた頃は昨日のうどんやもらいすぎたそうめんで味噌汁作って食べていた。唇になめらかでお腹にたまってあったまる。マッシュルームの風味もおいしい。満たされる。

 

関連ランキング:おにぎり | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

 

打ち合わせに時間があってちょっと歩いてコーヒーにする。
オールシーズンズコーヒーっていう二丁目の仲通りに面してある小さなお店。
この店になる前はネットカフェのような店だった。Wi-Fi環境も座り心地のいい椅子も、書類を広げて仕事ができる大きなテーブルもネットカフェとしては最高クラス。でもダメだった。
それがおいしいコーヒーをたのしめるセルフサービスの気軽な店になってからいつもにぎやか。今の日本の飲食店で「おいしいコーヒー」の果たす役目の大きさをまざまざと見せつけられるような繁盛ぶり。
テーブルは小さい。椅子は体を預けるに十分なサイズ、材質で何かあったらすぐ立ち上がれる。誰一人として踏ん反り返っていたりしない気持ちのよさがこの店全体の空気を明るく、軽やかにする。いいお店。

とはいえ、お店の人が気持ちいいのが一番でしょう。
若い。けれど落ち着いている。笑顔が自然で女性がみんなかわいらしい。男性からみてだけでなく女性からみてもかわいらしい…、というのがステキで今日はスタッフ全員女性。みんあ英語が堪能というのも繁盛の鍵かもしれない。
商品ができあがるのにちょっと時間がかかります。丁寧に作ってくれるということと、仕組み作りよりお客様とのコミュニケーションを優先しているからで、急いでいる人には不向きでしょう。でも店のムードがのんびりだから、スピードを期待する人はおそらく来ない。出来上がったら、おまたせしましたって持ってきてくれるのが小さなサプライズ。
いつもたのむのがマキアート。甘くて酸味が軽やかで、最後にビシッと苦味を感じる。今日も上出来、オキニイリ。時間が来たから立ち上がる。新宿三丁目まであとちょっと。レインの続きを歌って歩く、まもなく師走の火曜日の朝。

 

関連ランキング:コーヒー専門店 | 新宿御苑前駅新宿三丁目駅新宿駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。