雨の土曜日。銀座の路地がボクを呼ぶ…。

銀座の路地がボクを呼ぶ。
大衆割烹三州屋。銀座二丁目のビルの谷間に小さな路地。その突き当りに大きな看板、暖簾が揺れる。
その暖簾には店名と一緒に「御食事」「活魚一品料理」と書かれてる。
御食事とは飯とおかず、そして汁。お腹を気軽に満たすことができるということ。
活魚一品料理はそれを肴に酒を飲んで語らい、たのしい時間をお過ごしくださいということで、つまり食堂使いもできる居酒屋。でもそう直接的に言うと想像力を発揮させる余地をなくして粋じゃない。
「大衆割烹」という時代遅れに聞こえる言葉も、この場所、この店、この風情にはぴったり感じる。オキニイリ。
平日は近隣のサラリーマンで昼は混雑するお店です。けれど土曜日。しかも雨。お店の中はのんびりしていてボクものんびり食事をたのしむことにする。

アナゴのフライがありました。このお店のランチ商品でとびきり好きなオキニイリ。一緒に鳥豆腐をたのむ。
昼も夜も、ここにくると必ずたのんでいたのが鳥豆腐。注文するとあっという間に提供される。だから特に夜はまず座るとこれを注文し、一緒にビールをたのんで飲む。タナカくんはなにか食べるものがないとお酒を飲まない人で、だからこういう料理はありがたかった。
しかも熱々。皮をきれいに剥いた鶏肉はホロホロ崩れるほどに煮込まれ豆腐に味がしっかり染み込む。春菊の緑の香りがおいしくて食べるとお腹があったまるから、酒のあてにはますます良かった。
一緒についてやってくるちり酢がこれまたシャキッと酸っぱくおいしくて、汁というより小さな鍋って感じさえする。

ご飯に漬物、それから赤味噌のなめこ汁。
これにアナゴのフライがついてフライ定食のひと揃え。大きく、太った分厚いアナゴ。
細かなパン粉をぎっしりつけて、サクッときれいに揚げられている。
パン粉の色は明るくて黄金色と呼ぶにふさわしいうつくしさ。
噛むとカサッとパン粉が前歯をくすぐって、ブルンとアナゴが歯切れてく。
ふっくら、むっちり。
弾力のある歯ごたえがしばらく続いてそれもとろけて消えていく。アナゴの香りと強いうま味がパン粉の風味で引き立てられて、ウスターソースをたっぷりかけてると油の香りがスッキリしてくる。オゴチソウ。

千切りキャベツにサラダに芥子。レタスに薄切りキュウリ、トマトを塩で軽くもみマヨネーズをまとわせ作った野菜の洋風おひたしみたいなサラダがおいしく大好きで、しかも缶詰の黄桃がひと切れ入っているのがたのしい。甘酸っぱさが口を整え、フライをおいしくしてくれる。
汁の中にはなめこがたっぷり。しかも上等ななめこのせいで汁全体がとろとろとろみがついて喉を撫で回す。カブとキャベツのぬか漬けもよき状態でご飯がすすむ。添えられているレモンが大きな串切りで、すべてにおいてサービス精神旺盛なのことにニッコリします。
座っただけで5万、10万という寿司屋があってしまっている銀座は格好悪いけど、こういうお店がずっと続いていく銀座ってかっこいいなと思う昼。

 

関連ランキング:定食・食堂 | 銀座一丁目駅有楽町駅銀座駅

コメント

  1. めるば

    三州屋…蒲田は閉店してしまったんですよね…

    • サカキシンイチロウ

      めるばさん
      そのようですね。この本店も、お店の人の数が随分すくなくなりました。頑張ってって応援したくなっちゃいました。

  2. にゃおにゃん

    鳥豆腐!美味しいんですよね。懐かしいな。
    角のみゆき館、閉店しちゃったんですね。
    いろいろ変化してそうな銀座、でも落ち着いたら早く上京したい。行きたいお店も会いたい友人もしばらくお預けのまま一年半…

    • サカキシンイチロウ

      にゃおにゃんさん
      あのみゆき館はとても居心地がよくて、朝ごはんをよく食べに行っていました。なくなっちゃってすごくさみしい。街の景色までがさみしく哀しいようにみえました。
      三州屋さんもお客様が減って大変そうですけれど、それでもがんばって続けてくれることに感謝、感謝です。

  3. EIKO ISHIKAWA

    みゆき館が無くなったのは驚きです。
    三州屋まで無くなっては銀座じゃなくなっちゃう…行かなくちゃ。
    オフィス近くの老舗フレンチFEUも今月末で閉店。五反田に移転して生き延びていた後楽そばも閉店。
    コロナ以外の理由もあるのかもしれませんが、色んなジャンルの飲食店の在りようが一変してしまっているのが言いようもない気持ちで、日本の飲食業にとってこの淘汰が善き方向に進むよう、祈るばかりです。

    • サカキシンイチロウ

      EIKO ISHIKAWAさん
      昨日、銀座に来て後楽そばのことを思い出しました。
      有楽町の跡地は小洒落たカフェになり、五反田の跡地はラーメン屋さんになっちゃった。
      あの焼きそばが食べたいなぁ…。イカの天ぷらを汁にひたしてのっけてもらい、蕎麦の汁をお供にもりもり…、って思ってちょっとセンチメンタルになっていました。
      どうもコロナはやさしくておだやかなものに格別厳しいようで、飲食店の行く先は決して明るいものではないような気がしてなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。