雅味近どうに秋が来る

岐阜にきて今日は「雅味近どう」。秋をたのしむ夜としました。
前菜の盛り合わせの器、設えどちらも秋。柿の形の器の中には柿の白和え。かぼちゃの豆腐にきのこのおひたし。トマトの煮浸し、すっぽんのスープで炊いたおからにだし巻き卵。美味揃い。
お椀の蓋も秋でした。紅葉に枯れ葉、びっしり水滴。蓋をとる。
きのこを混ぜた海老真丈に松茸の汁。蓋を開けた瞬間においしい香りがふわっと漂い、食卓の上が明るくなったよう。
刺身が続く。ヒラメにホタテにマグロの赤身。ヒラメの縁側が分厚く、歯ごたえとても力強くてうま味も強い。脂ものって海にも秋が来た証拠。ホタテは甘くマグロの赤身はすっきりとした酸味を残してひんやり消える。

近どうさんのスペシャリテ。
蒸し饅頭のあんかけがくる。
今日の饅頭は百合根の裏ごし。こっくりしていてなめらかで中にはカニのほぐし身ぎっしり。
餡はなめらか。
しかも熱々がずっと持続するのがステキ。
お腹が芯からあったまる。

天然のブリの焼き物が続きます。
黄色いお皿に松葉に銀杏。枯れ葉の上に焼かれたブリが飾られたよう。
脂がのったブリの切り身は分厚くて強いうま味と焦げた脂の風味がおいしい。焼いた銀杏は塩味くっきり、フルーツほうずきが添えられていて、そばを揚げて作った松葉もパリパリ旨い。

今日の油ものはタチウオの揚げ浸し。このタチウオもうまかった。
おいしいものを食べて旨いと評するのは愚の骨頂と思いながらも、「旨い」という言葉がピッタリするからそう言うしか無いおゴチソウ。
タチウオの下には揚げた海老芋。カリッと歯切れてねっとりとろける。ぽってりとした茄子に香り鮮やかなししとうと味わい多彩で気持ちが満ちる。
湯葉のあんかけご飯を食べて〆のデザート。
ナガノパープルとシャインマスカットにイチジクのコンポート。お茶を飲んでしみじみ秋に感じ入る。

 

関連ランキング:日本料理 | 柳津駅西笠松駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。