間もなく皐月の雅味近どう

岐阜に来ました。
「雅味近どう」で夕食にする。
6時近くという時間にしてまだ明るいという春の太陽。
お店の前の草木もニギヤカ。なのにちょっと肌寒く、こういうときにはおいしいモノで体を中から温めなくちゃ。
…、とそれでいそいそ。
座敷に落ち着き雅味をたのしむ。

まずは前菜。ハスに繋いだ木の板に菖蒲を模した笹の葉を刺し、そこに料理の入った器を置く。その真中にちまきをおいて、食卓の上は間もなくやってくる5月の景色。三個揃った器の真ん中に置かれているのは兜の形の蓋つきの小鉢。鯉のぼりを泳がせたくなる端午の節句な感じがステキ。

タコの足の柔らか煮。茹でたそら豆にすっぽんのスープで炊いたおからで一皿。
兜の中にはホタルイカ。たらり酢味噌が彩り添えてマクラになっているのは瓜を出汁でさっくり茹でたもの。甘いトマトに玉子豆腐と味わい涼やか。ちまきの中にはエビの寿司。醤油ではなく酢味噌と芥子で味わうというのがたのしい。ムッチリとした上等なエビの歯切れにウットリします。
料理を食べ終えたお皿の上に桃太郎と鬼の絵がある。料理を食べてはじめてわかるこういうもてなし。しかも男の子の節句にあわせた趣向にニッコリ。こういうことを考えるのってたのしいだろうなぁ…、ってしみじみ思う。

何回も通うように来ている店です。
すごく変わった料理が出るか…、というと決してそんなことはなくなのにいつも新しい発見がある。
ご主人一人で厨房の中を切り盛りする店。
調理法も食材も季節季節で大抵同じ。
なのに決して飽きることがない。
むしろ良く似ているけど毎回どこかに小さな工夫があるというのが安心できる。
食べ続けても飽きない料理。
いつも安心できる料理って、こういう料理なのかもしれない…、って思ったりさえするオキニイリ。

お椀が来ます。蓋を開けるとおいしい出汁の香りが漂う。透き通った上等な汁。そこに魚のすり身が沈み、ウルイに白魚。青菜に酢味噌が彩り添える。すり身を割ると中にワカメが仕込まれている。ちょっと厚めでザクザク歯切れる。そしてツルンと奥歯の間を滑っていくような食感なめらか。工夫の料理。

刺し身が続く。
扇形の器の中に真鯛に赤貝、甘エビ、それからマグロの赤身。
彩りのことを考えるなら手前にマグロを置きたいところ。けれど今日の主役はブリブリたくましい真鯛でそれを手前において、その鯛が引き立つようにと敢えてマグロを後ろにおいた。いいなと思う。おもてなし。
ここで必ずでてくるのがあんかけ饅頭。
ときにじゃがいも、ときに百合根、蓮根と饅頭の生地をなしてる野菜が変わる。今日は枝豆。自然な甘みがおいしくて中に、ズワイのほぐし身がタップリ入って風味を作る。ぽってりとしたあんもおいしく温まる。アイナメに細かく包丁を入れてバリッと揚げた松笠造り。ザクザク歯切れて香ばしく、噛みごたえがいいのがおいしい。一緒に添えたもずくの酸味に葉わさびの辛味でお腹が整った。

そして天ぷら。稚鮎にコゴミとどちらも苦味がおいしい素材。パリッと軽めの衣をまとって油の甘みが引き立つゴチソウ。季節の苦味でお腹がも一度すいてくようで笑っちゃう。
今日の〆はお茶漬けでした。大きな塗のお椀の中に軽く握った白ご飯。周りに出汁を注いだところに青のりタップリ。わさびをちょこん。ご飯を軽く崩しながらハフハフサラサラ、お腹に収める。出汁がおいしく、しかも出汁に海苔の旨みと風味がまじりなんとおいしい。しかも体があったまる。
苺にオレンジ、胡麻のアイスクリームでお腹に蓋してお腹も笑う。ゴチソウでした。オキニイリ。

 

関連ランキング:懐石・会席料理 | 柳津駅

コメント

  1. ボルテイモアのおかず

    鬼のお皿は去年ので覚えていますが、桃太郎は初めてかも。もう1年近いんだなあ、とびっくりします。
    前庭も春爛漫ですねえ、白いお花は何でしょうか?
    今回はアイナメの松笠造りが面白いですね、コゴミの天ぷらも食べてみたいです。
    (先日のお母様のふっくら笑顔も、とても良かったです。こちらは例年より寒いですが、先日ワシントンの桜を見てきました)。

  2. サカキシンイチロウ

    ボルティモアのおかずさん
    お店の前のお花は「小手毬」。
    真っ白な小さな花が群れてさくさまは可憐でうつくしく、けれど散るときは花弁ひとつひとつがちらかるように儚く落ちる。だからお掃除が大変なお花なんです。
    ワシントンにも桜の咲く季節になったのですね。来月の初めには母と温泉旅行を…、なんて計画をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。