長崎館にイノダコーヒ、崎陽軒の唐揚げ弁当

日本橋に長崎の物産館がある。
東京駅からちょっと歩いたところのビルの一階部分。
タナカくんは長崎出身だったから、ここができてからほぼ一ヶ月に一度一緒にきて長崎由縁の食材や調味料を買って帰ってた。しばらくごぶさた。まもなくお盆ということもあり、ひさしぶりにやってきていつも買ってたものをあれやこれやと買って帰った。
例えばちゃんぽんや皿うどんに入れるカラフルなかまぼこパック。昔、四番町に住んでいた頃、近所の普通のスーパーがこれを売ってて彼、びっくり。お店の人に長崎出身なんですか?って聞くと、近所にこれがないと怒る人がいて、それで仕入れているんです…、って。
「ボク、怒ってないよね」って笑いながらよく買っていた。多分、長崎出身の人が近所に住んでいたのでしょうネ。なんだかちょっとなつかしい。

東京駅から移動の前に、火照った体を冷やしたい。
大丸の中のイノダコーヒにやってくる。
甘いアイスコーヒーがいいなと思ってやってきたのだけれどショーケースの中にクリームソーダのサンプルがあって、それも気になる。
カウンターに座ってメニューを見たらなんと、クリームソーダのソーダ水に「洋梨」フレーバーがあるという。
洋梨は果物の中で好きなものの3本の指にはいるもの。それにしようとたのんでみる。
それにしてもメニューが一枚ものになっていました。ずっと本のように何ページもにわたって写真や商品名が書かれたものを使ってた。使用のたびに消毒しやすいようにという配慮なんでしょう。いろいろ大変。

ただやってきたクリームソーダをみてニッコリ。
大きなグラスにクリーム色のソーダ水。氷をたっぷり、上にバニラアイスクリームと薄切りにしたライムが一枚。大きく開いたグラスの口に鼻を近づけ大きく息を吸い込むと、バニラの香りに混じってたしかに洋梨っぽい麝香の香り。
ストローでまずソーダ水だけ飲んでみると甘くて濃厚な洋梨的な香りに味わい。スプーンでクルンとかき混ぜてみる。するとふっくらとした泡がぶくぶく湧き上がりソーダ水に蓋をする。唇つけて味わうとぽってりとしたなめらかでビロードじみた喉越し濃厚。
おいしいなぁ…、この世の中はおいしいモノで溢れてる。

 

関連ランキング:カフェ | 東京駅日本橋駅大手町駅

 

晩ご飯に崎陽軒のお弁当。期間限定の「4種類の唐揚げ弁当」をお店の人にすすめてもらう。8月15日で終わっちゃう。先日は4種類のシウマイ弁当を食べたんですよと言うと、私はこちらの方が好きなんですよ…、と言われて決める。
塩の唐揚げ、レモンペッパー、のり塩、それからタンドリー味。どれもがたしかにそういう味で、ひとつひとつがしっかり個性を主張していていいなと思う。シウマイ、たけのこ、ガーリック風味の牛肉とおかずも多彩でいい感じ。
ゴーヤと豚バラ肉で炒め物。豚の脂をキッチンタオルで吸い込ませつつこんがり炒めて最後に鰹節をたっぷり入れて味整える。ゴーヤの苦味が夏の疲れをとってくれ、元気が出ます。おゴチソウ。

コメント

  1. Leocco

    崎陽軒のお弁当もそろそろ制覇でしょうか?

    長崎かぁ。行きたいなぁ
    育ちは九州宮崎。そしてちょこっと博多。
    長崎は身近なようで遠かったのかなぁ。
    行ったのって中学の修学旅行だけです。
    長崎の物産館も行ってみます。
    (新宿の宮崎館は大好きです〜〜!)

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      Leoccoさん
      新宿の宮崎館…、ひさしぶりに冷や汁を食べに行こうかなぁ…。
      長崎ってボクは2度しか行ったことがないんです。タナカくんと一緒にいきたかったなぁ。そう言えば、両親の実家の高松には何度も一緒に行ったけど、ボクのふるさとの松山には行かずじまいだった。いろんなことを思い出します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。