長らく休業、久しぶりの営業再開、八竹のお鮨

長い間、休業していた家の近所の八竹が再開。
大阪鮨の専門店で、かつては朝早くから夕方6時までが営業時間。
今はちょっと時間短縮。午前11時から17時まで。それで十分、ありがたい。
お店に入るとかつては4つ並んでたテーブルがなくなり商品受け渡しのカウンターが随分前までせり出していた。
入り口前にはアルコールの消毒液。ビニールカーテン。カウンターの上には商品写真が9枚ならび、商品名と番号がつく。それぞれの商品はあらかじめ折り詰めされて並んでて注文したらすぐ受け取れる。
茶巾寿司に押し寿司、穴子の胡瓜巻き。彼が好きだった盛り合わせを選んでかった。いつもは折り詰めじゃなくて簡易包装をお願いしてた。そうすることで50円引き、しかもゴミも少なくなるってことなんだけど、今はすべてが折り詰めで値段は定価の50円引き。ありがたい。

家に持ってかえってしばらくお供え。それから食べる。
茶巾寿司の卵がふっくら。
しかもしっとり。空気をたっぷり含んで焼けてて噛むとズブズブ、潰れて消える。甘くてしかもまろやかで酸味の強めのシャリをおいしく包んでくれる。
一番底に酢蓮が3枚。煮穴子がのりシャリの中にはごまに刻んだ干瓢、しいたけ。ズブッと潰れてザクザク歯切れ口に散らかるオゴチソウ。
タイにエビ、そして穴子の押し寿司は角のたったカチッと凛々しい形なのに、口に入れるとはらりと崩れる。焼いた穴子の香ばしさときゅうりの青いみずみずしさの相性がよい巻物でお腹が満ちる。
水茄子の残りを使って味噌汁を炊く。熱が入るととろける水なす。松山産の味噌が甘くて疲れがとれる。みょうがの香りもよきアクセント。明日は仕事が忙しい。

 

関連ランキング:寿司 | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

 

ここ数日、あれこれ料理を作って食べた。
ひさしぶりに近所のスーパーでじっくり売り場を歩いた。途中、いつも彼のことを「お父さん」って呼んで仲良くしてくれてたお店のおばさんに出会う。彼が死んだことを伝えたら、さみしいけれど頑張ってね…、って言われて頷く。がんばっている。
立派なわらびの水煮があってそれをクツクツ、出汁と醤油で煮込んで最後に玉子でとじる。ふっくら出汁を吸い込んで仕上がる玉子ととろけるわらび。ご飯をおいしくすすませる。季節の水なすに軽く切り目を入れて割き、オリーブオイルと塩で味わう。皮のところがりんごのような香りに風味。サクッと歯切れて軽い渋みがなんともおいしい。

薄切りにしたレンコンを日本酒、醤油だけで煎り付け赤唐辛子で風味をつける。
シャキシャキ歯ざわりたのしい一品。オキニイリ。

高野豆腐を煮含めました。醤油は使わず塩と出汁だけ。
出汁がおいしければ必ずおいしくなる料理。
スポンジみたいに煮汁をしっかり吸い込んで、舌にのせるとすでにおいしい。舌を持ち上げ上顎にピトッと押しつけ煮汁が滲み出すのを味わう。
それからかぼちゃ。
一人前にちょうどいいだけの分量を煮るのに難儀した。残したかぼちゃは茹でて冷凍。そのうちスープにしようと思う。
ほうれん草のごまよごし。ちょっと茹ですぎほうれん草がクタクタになっちゃった。
お腹にやさしくできたんだ…、と思うことにした。やわらかい(笑)。

コメント

  1. キリコ

    以前からずっと読んでいましたが、初めてコメントします。
    サカキさん、本当にがんばっている。
    辛いことがあっても、いつも通りにごはんを食べて、毎日生活していくしかないんですよね。
    大切な人を亡くす経験は、誰にでも必ず訪れるけど、たまらないもの…。
    これからもおいしいごはん、沢山紹介してくださいね!
    (サカキさんが常連にしているお店に行く機会があると、まるで芸能人を探すように少しドキドキしてしまいます。)

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      キリコさん
      まだまだ気持ちも重たく、なかなか昔通りになっていかないことにため息をついてしまいます。
      でもため息ばかりついていては、気持ちがどんどん痩せていく。お腹がすいてはゴキゲンなことも考えられなくなっちゃいますよね。
      食べられるということはつくづくしあわせなこと。それに感謝して今日も一生懸命。
      はじめまして。もしどこかでボクをみつけたらお声がけお待ちしております。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。