銀座・吉澤・薄焼きステーキとゆみこさん

打ち合わせを終え、そのままランチ。銀座でランチでございます。
ひさしぶりにのんびりとしたランチにしようと、「吉澤」にくる。銀座で昔からある肉屋さん。そのビルの中にあるレストランで、肉割烹とでもいいますか…、日本的なる肉のいろんな楽しみ方を提案してる。
すき焼き、しゃぶしゃぶ、ステーキを昼は気軽にたのしめて、たまに来たくなるオキニイリ。

ちなみに「ランチをいただきにまいりました」というとズンズン、地下に向かって案内される。地下の2階に大きな座敷の広間があって、お好きなところにお座りくださいとまるで田舎の旅館や食堂に来ているみたいなのどかな感じ。
ほどよくほったらかしにしてくれるのが、形ばかりのサービスをよくよそおうとする今風レストランの真逆のスタイルで案外新鮮。嫌いじゃない(笑)。

薄焼きステーキ定食をもらう。
上等なロース肉を二枚。
ひとつは赤みが強い、小さな番手のロース肉。
もう一枚は脂がどっしりのった大きな肉でどちらも胡椒と塩をたっぷりまとって焼かれてる。

自分の脂で焼けた肉です。つやつやしてる。
しかも薄いにもかかわらず芯の部分は赤身の色が残ってて、つまりミディアムレア。肉の一番おいしい状態。
サックリとした赤身独特の噛みごたえ。酸味を残すやさしい旨みを味わいながら、次の一枚ではネットリとろける脂の甘みを味わえる。
水菜と玉ねぎのサラダのサイドにキュウリが一本。皮を削って模様をつける…、仕事をしっかりやってらっしゃる。こういうところがボクは好き。

そのまま食べても十分おいしい。
脂がひんやり、唇濡らし、クチュっと潰れてジュワリと肉汁流れ出す。
ご飯にのせてわさびをちょこん。肉でくるんでパクリと食べると、ご飯がパラパラ散らかって肉の脂をまとって転がる。
旨いなぁ…、ご飯のお供の肉料理。

大根おろしにポン酢をかけて肉でくるんで一緒に食べる。
ポン酢の酸味が肉の甘みを引き立てる。大根おろしが脂をさっぱりさせてくれ、口の中がみずみずしくなる。
それから醤油。
ちょっと甘めのたまり醤油で、肉をつけると脂がキラキラ、表面に浮く。
わさびに醤油、それからポン酢の相性がよい。焼けた姿はちょっと焼肉みたいだけれど、肉の持ち味をタレで汚さずそのままガツンと味わう流儀。やっぱりこれはステーキで、しかも日本のステーキなんだと思ったりする。オキニイリ。
肉の旨みに負けぬどっしりした味噌汁に、キュウリに大根、古漬け茄子と三点盛りの漬物に、出汁が旨くてごくごく飲めた菜っ葉のおひたし。サイドの料理がすべておいしい。ただ、食後の甘味が柿でした。

しかも若くてコリッとしている柿の実でそれが怖くて結局残した。
グズグズ熟した柿は好物。けれど若い柿を食べたときの渋みというか、カリッと頭の芯に響くような食感だとかが苦手で、他の料理を食べてる間、ずっとみながら、これを食べなきゃいけないのかなぁ…、とドキドキしながら結局残す。お嫌いですか?と聞かれて「どうにも怖いんです」って答えたら、「饅頭こわいございませんよね?」って、それで笑った。
ほったらかしにしてくれる…、と冒頭でいったけれども、要所要所で目を配り仕草や言葉がやわらかい。ボクの配膳係は「ゆみこさん」という方らしく、これで2800円。大人のランチとしては上出来。また来ましょうと思う昼。

 

関連ランキング:すき焼き | 銀座一丁目駅東銀座駅銀座駅

コメント

  1. うり

    まゆみさんのお給仕で、大人ランチをいただきたくなっちゃいました。
    近日中に伺いましょう。雨模様の銀座も、良いもんです。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      うりさん
      週末は雨のようですね。雨の銀座は大人の銀座としゃれる気持ちがおしゃれです。

  2. ですよ

    ゆみこ さんです!

    です!

  3. サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

    ですよさん
    本当だ。ゆみこさんでした。直しておきました。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。