銀座の青汁、家の飯、朝のドトールAセット

銀座の街をたっぷり歩いて、たっぷり汗をかいた金曜。
銀座を離れる前にシャキッと体をさせようと、遠藤青汁サービススタンド。
銀座1丁目の町外れ感がただよう場所の古いビル。
最近でこそ感染予防にドアがずっと開け離れてて中が見えるから、普通のお店のように感じる。
ドアが閉まっていたときは秘密クラブのようで知らずにくるといささか怖くもあった店。
メニューは正真正銘青汁だけ。小さなサイズだと一杯350円という、健康を買える値段としてはまっこと良心的。グラスになみなみ一杯分をグビッと飲んで体をブルッと震わせる。自然な後口、ニッコリしました。また来よう。

 

関連ランキング:自然食 | 銀座一丁目駅京橋駅有楽町駅

 

ネギたっぷりのお好み焼きを焼いてみる。
ザクザクに切ったキャベツに粉、出汁に卵を一個入れよくかき混ぜて生地にする。
豚バラ肉を焼いて刻んで混ぜ込んでフライパンでさっくりと焼く。塩で味を整えた出汁を使って仕上げた生地で、そのまま食べても味はある。それでソースは別添えにしてサクサクふっくら。ネギのシャキシャキ歯切れる感じをたのしみ味わう。
お供に冷やし中華を作る。
千切りキュウリと錦糸卵、刻んだ大葉をよく混ぜる。芥子を手に塗りこすり合わせるようにして、混ぜると同時に辛味と風味をまとわせる。麺をかために茹でて〆、ザルに押し付け水気をとってお皿にもったら上にたっぷり具材を山盛り。薄切りにしたなるとをちらして白ごまパラリ。タレを注いで出来上がり。よくかき混ぜてズルンとすする。麺を食べてるというよりも、たっぷりの千切りサラダを食べてるような気持ちになるのがおゴチソウ。

おやつに青汁を飲んだからか夕刻、体が軽かった。
やっぱり野菜を食べなくちゃと、それで青い野菜を買った。
ハーブ野菜にサンチュレタス。
それからパクチー。
エンダイブ。
食べやすいようにちぎってレモンを搾ってまとわせる。
ピーナツオイルと塩で味を整え食べる。

モサモサとしたサンチュがおいしく食べやすく、パクチーのエキゾチックな香りがピーナツオイルで引き立つゴチソウ。
刻んだ油揚げをたっぷり使って味噌汁を炊く。あごだしパックで出汁をとり松山味噌で甘く仕上げる。最後に刻んだネギを散らして、お腹をしっかりあっためる。

四谷三丁目のドトールコーヒーで土曜日の朝。
通勤する人が少ない週末はいつも以上にのんびりしていてホッとする。
アイスラテのMサイズ。お供にいつものAセット。
最初にラテをもらってセットのサンドイッチが出来上がるまでドアの向こうの街をぼんやり眺めて過ごす。
町ゆく人はみんなマスクをして歩いてる。マスクをすると目線が下に行くのかなぁ…、とぼとぼ寂しそうに歩いているようにみえてボクも注意しなくちゃと思ったりする。
パンが焼ける香ばしい匂いがしてきて、出来上がったトーストサンド。パンがこんがり見事に焼けて、中にたっぷりレタスにハムにトマトにたまごサラダが挟まっている。パセリがパラリと彩り添えてカサッと前歯をくすぐりながら、口に散らかる具材の味にニッコリしました。がんばろう。

 

関連ランキング:カフェ | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。