銀座の新嘉坡、ウィーナムキーチキンライス

昼を銀座で。「威南記海南鶏飯」にやってくる。
シンガポールから来たお店。ウィーナムキーチキンライスと読む店名で、シンガポールの屋台なんかで食べられる大衆的な料理をおいしくたのしむことができる店。
実は今日。家を出るときには長崎料理の吉宗で茶碗蒸しと蒸し寿司をたのんで食べようと思ってた。ところがお店の前に着いたら今日はお休み。なんと今週いっぱい改装していているという。
ありゃりゃ、どうしようと拍子抜け。頭の中がすっかりノープランになっちゃって炎天下の歩行者天国をさすらって、思い浮かんだのがこの店だった。
羽田から長崎向かってとんでたら、乗り過ごしちゃってもっと西へ、そして南へ、気づけばチャンギについちゃった…、って感じでござる。腹、ならす。

シンガポールの料理と言えば中国料理を基本にいろんな料理が混じり合った独特な料理が多数。

例えば空芯菜のサンバル炒め。マレー料理でよく使われる、エビの旨みが入った辛味噌。ちょっと甘めのサンバルで炒めたナッパのザクザク歯ごたえたのしくて、旨みが口に広がる感じ。今日はココで良かったなぁ…、ってしみじみ思う。
とろみをつけたチリソースでカニを煮込んで玉子でとじる。シンガポール名物のチリクラブの作り方でエビを煮込んだチリプラウン。ほどよく辛く、酸味楽しくしかもエビの甘くておいしいコトにウットリ。
油をたっぷり含ませながらエビと一緒に焼いた玉子は屋台でよくみるローカルフード。気持ちが遠く赤道直下に向かってく。

ココ一番の売り物は鶏料理。
一羽まるごと中身だけを抜き取ってぶら下げ蒸したりローストしたり。
骨ごとバンバン、包丁で叩き切ってしゃぶって食べる。
まるごと一羽って単位のメニューもあったりして、そう思ってお店のロゴを見てみると「威南記」の文字が鶏の形に筆で描かれている。
鶏のスープで炊いたジャスミンライス。
鶏のスープをくわえた定食が用意されてて、まずはそれ。海南チキンライスでござる。

鶏の状態もさることながら、鶏ガラスープで炊いたご飯の味がお店によってそれぞれあって、それで好みの店が決まったりするのがシンガポールの流儀だったりする。
ちなみにココのチキンライス。
若干甘め。
生姜の風味はほんのほのかでカラメルっぽい風味が強くて、旨みは弱め。
パラパラとした炊き加減は見事なモノで、口の中をニギヤカにする。
旨みが足りぬ分は用意されている    3種類のソースを使って味を整え好みを作る。
甘くてコッテリ、旨味の強いダークソイソース。にんにくの香りと赤唐辛子の辛味がキリッとしたチリソース。生姜とネギを刻んで油でまとめたジンジャーソースと、どれもおいしい。これだけおみやげで持って帰りたくなっちゃうほど。
皮と骨。肉の間のゼラチン質がブルブル、鶏好きさんにはたまらないんだろう蒸し鶏と一緒に食べると、口の中で鶏が騒々しく走り回っているような力強い味になるのがたのしい。

同じ鶏肉をローストしたのを乗っけた麺。
麺仔と呼ばれる、縮れ麺。
細くてしかもカンスイをたっぷり使って仕上げた麺で、ゴリゴリ固い。
表面は若干もさもさしていてタレとのからみも上々。
オイスターソースと中国醤油、それにスープを合わせたタレは甘くて旨みがとても強い。
それに合わせるローストチキンは、肉はふっくら、みずみずしくて食べているとやさしくとろける。薄く縮んだ皮はパリパリ。風味豊かで蒸した鶏肉のネットリ感とは違ったふっくら感にウットリします。
サンバル炒めの空芯菜と一緒に食べると、麺にナッパのとろみが混じってザクザク、むっちり、口の中が強い旨みで満たされる。これは最高。
ところで前回は開業直後に来たのだけれど、そのときよりもメニューは豊富に、味も数段おいしくなってた。時間をかけていい状態になったのでしょう。

チキンライスを少々アレンジ。ご飯の上に卵焼き。お箸で巻いて食べると玉子の風味、油がパラパラご飯を包み込み味わいゆたかにウットリします。
そこにチリプラウンのソースをかける。チリの風味がケチャップ的でもあってなんだかオムライスみたいな味がしてくる。このチリプラウンのエビを全部キレイに食べて、そこにご飯を入れ混ぜる。ジックリユックリ、混ぜ続けるとソースの中の玉子とご飯が絡んでぽってり。お皿の中がなめらかになる。
お椀にそれを移してズルリ。ご飯と玉子、玉子とチリ、チリとエビとそれぞれ相性のよい食材が互いに手を取り、相性良さの連鎖を作る。食べ始めると箸が止まらぬ危険なゴチソウ。堪能しました…、オキニイリ。

 

関連ランキング:シンガポール料理 | 銀座駅東銀座駅銀座一丁目駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。