銀だこのたこ焼き・家で料理をあれこれ作る

夜を家で作って食べる。
和牛のミスジのお値打ち品をかってこんがり、鍋で焼く。油をひかず粗微塵にしたにんにくを鍋に敷き詰め上に肉。塩と故障をほどこしてじっくり焼き上げヒックリ返す。自分の脂でつやつやと、表面サクッと焼けて仕上がる。最後に醤油で風味をつけて、サンチュと一緒にパクパク食べる。
低温で蓋してローストした玉ねぎ。鰹節に醤油を少々。甘くてトゥルンととろけるおいしさ。水なすを天ぷらにして塩で味わう。いい感じ。
カジキマグロをバーミキュラでコンフィにしました。オリーブオイルとハーブと塩、にんにくひとかけで味が整う。とても上等なツナ缶みたいな状態で、近々これでサンドイッチを試してみよう。

ニョッキを作る。
じゃがいもニョッキをたっぷりのお湯で3分。
別の手鍋でソースを作る。
生クリームの中におろしたパルミジャーノ。
ズワイガニのほぐし身を入れて旨味を引き出す。
板ごと買ったウニを半分、ソースに入れてかき混ぜ味を整える。
茹で上がったニョッキをザルで取り上げて、そのままソースの手鍋に入れる。コトコト炊いて味をニョッキに染み込ませ、味を試してみたらば完璧。塩も何も使わずに、素材の持ち味だけでしっかり味が整う。ありがたい。
温めておいたお皿にうつして、刻んだディルと残りのウニをちらして飾る。
ムチムチとしたニョッキにソースがトロンと絡んでおいしいこと。カニの旨味とウニの味わい。ディルが明るい香りをくわえて、なんとおいしい。オゴチソウ。

ときおり無性に食べたくなるのが、銀だこのこれ。

焼いてるというより、揚げて仕上げる食べ物。
だからたこ焼きじゃなくてたこ揚げというのが適切なオリジナル。
皮がパリッで中がトロンとかなりどっしりとした食べ応え。
冷めても案外おいしくて、しかもしばらく鉄板の上に置きっぱなしでも劣化が少ない。だからチェーンストアになれたんでしょう。よく考えたなぁ…、感心しながらハフっと舌に乗っけて軽く舌を焼く(笑)。
ソースにマヨネーズをたっぷりしぼりおかかに青のり。お好み焼きと同じ味付け、調味料。なのに不思議なことにお好み焼きとは違った味で、おそらく「味」を決めるのは味そのものより「食感」や「形」じゃないかと思ったりする。オモシロイ。

日曜の夜は家でゆっくり。


しゃぶしゃぶ用の豚バラ肉があって、とはいえ鍋を作るのはちと暑苦しい。水と日本酒5:1。鍋でわかして中に季節の実山椒。たっぷり浮かべて辛味を出したところに肉を入れてしゃぶしゃぶ。一旦ザルにとって休ます。白だし、ねりごま、ほんの少しのお酢で味付け。刻んだネギとみょうがをたっぷりくわえて食べる。プルプル脂がおいしくて、しっとりとした食感やさしい。ひりっと最後に実山椒の辛味がするのも食欲さそう。
ゴーヤの塩もみ。おかひじきをパスタに見立ててズッキーニとか枝豆、シーフードミックスでペペロンチーノ風に炒める。どちらも夏の香りがおいしい。
骨付の牛テールをコトコト煮込んでそれをベースにカレーを炊いた。口の中がペットリ貼り付くほどにたっぷりゼラチン質が溶け込んで、滋養を感じるオゴチソウ。

コメント

  1. すうさん

    ニョッキ大好きなのですが、なかなか美味しいお店に出会いません。自分で作るのが確実でしょうか。。。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      すうさんさん
      たしかにニョッキがおいしいイタリア料理のお店は少ないですよね。
      自分で生地から作るのも簡単。
      でも、食料品店で売られているニョッキを、書かれている茹で時間よりも30秒ほど余分に茹でて、ソースやオリーブオイルの中で良く味を含ませてやるとなめらかでもっちりとした味わいを楽しむことができますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。