金曜日の夜、土曜日の夜、イエゴハン

土曜日の夜。ひさしぶりに家で料理を作って食べる。
先日、日本のふりかけに魅せられた外国人がちりめん山椒の産地にでかけていくという趣向の番組で、その産地の人が食べてた料理。栃尾揚げの中に釜揚げしらすとチーズを入れて焼いて食べるというのを試しに作って食べた。
これがあらまぁ、おいしくてハマってしまう。チーズのとろけと釜揚げしらすの塩気がよくあい、パリパリ焦げたお揚げの食感ひきたてる。
脂の少ない和牛の肉をニンニクと塩、胡椒でこんがり焼いてレホール、マスタードで味わうメイン。葉っぱ野菜のサラダとアスパラガスのスープをサイドにパクリ。噛むとじゅわっと肉汁が染み出してきて軽い酸味と一緒にとろける。肉はやっぱり旨いねぇ…。

パスタを作る。
昼に食べようと思っていたのがたらこのスパゲティー。
それで作った。
明太子の腹をさき、魚卵をとりだしレモンを搾る。
いかそうめん用のイカにもレモンを搾って漬け込む。
パセリを細かく微塵切り。麺を茹でたらその熱々にイカをあわせて塩、胡椒。
鍋にうつして魚卵をくわえて、生クリームを注ぎつつタプンタプンと揺すって仕上げる。器にもってパセリを飾ってズルンと食べる。クリームと一緒に魚卵のプチプチがとろけて、クニュクニュとしたイカと混じってなんとも旨い。夜更かしをしてそれでお夜食。そうめんを固茹でにしてヒガシマルのうどんスープに泳がせる。ちくわの磯辺揚げをつくって一緒にズルリ。良き夜でした…、のんびりす。

そして日曜。今日も家飯。
昼間でかけた百貨店で穴子の似たのを発見しました。
しっとりとしてうつくしく、形も良くてかって味わう。
うなぎと違った繊細な味。炊きたての土鍋で炊いたご飯にピッタリ。とろけるおいしさ。
鶏の唐揚げを作って添える。
皮をなるべく剥いで仕上げてレモンを添えてすっきりさせる。
それから茶碗蒸しを作りました。
中は練り物がメインで質素な仕上がりで、けれどちょっと一工夫。抹茶を溶いたくずあんをたっぷりかけて色鮮やかにしてみます。
抹茶の苦味や緑の香りはほとんどせずに、どこか昆布の出汁をたべてるみたいな感じがしてくる。お茶がもってる旨味と茶碗蒸しの出汁の旨味が互いにまじって、舌をだましてくれるのでしょう。うつくしいだけじゃない、うつくしい味。オモシロイ。

煮物を作った。
白菜とちくわと油揚げ、仙台あぶら麸。
出汁とほんのすこしの醤油だけで炊いてみた。
そしたらこれが甘く仕上がる。
白菜の甘みやちくわの旨味、味わいが染み出しおいしくなったのでしょう。
油揚げの油はこくに、あぶら麸が汁をたっぷり吸い込んでまるで肉かのようにふるまう。
それから肉じゃが。
和牛の切り落としをまず黒糖で炒めて鍋をつやつやさせる。
砂糖だけで焼いた牛肉は香ばしく、脂がしっとりやわらかになる。そこにジャガイモ。牛肉の脂で表面をつやつやさせたところに日本酒、味醂を少々。出汁をはったらつきこんにゃくと玉ねぎ、ニンジン。落とし蓋して蓋もしてコトコト煮込んでしっとり仕上げる。ほっこりしました…、日曜日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。